【ジュネーブ2015】メルセデス・ベンツ、「6x6」の4輪バージョン「G500 4x4²」を初公開
Related Gallery:Mercedes-Benz G500 4x4 Concept: Geneva 2015

最高にカッコいいオフロード車という点で、メルセデス・ベンツG63 AMG 6x6」を凌ぐクルマはないだろう。AMG社が開発した強力なV8ツインターボ・エンジンを搭載し、3本の車軸に備わる6輪を駆動する、やり過ぎともいえる超クールな究極の「Gクラス」だ。そんな狂気のオフローダーから、少しだけ狂暴さを取り除いた新モデル「G500 4x4²」が、3月3日に開幕したジュネーブ・モーターショー 2015で初公開された。

「少しだけ狂暴さを取り除いた」とは、つまり「車軸が1本減った」という意味だ。他にもいくつか変更された点はある。ボンネットの下にはAMG製5.5リッターV8ツインターボ・エンジンに替わって、最高出力422hp、最高トルク62.2kgmを発揮する新開発の4リッターV8ツインターボが搭載されている。

オフロードの走破性は凄い。渡河深度は39インチ(約1,000mm)、アプローチ・アングルは53度、デパーチャー・アングルは54度、そしてブレークオーバー・アングル(車体底部が地面に接触せずに乗り越えられる角度)は47度と、まさに全地形対応車だ。

22インチ・ホイールに、325/55サイズの大径タイヤを装着したルックスもかなり魅力的だ(18インチの2ピース・ビードロックホイール&37インチのマッドテレイン・タイヤにも変更可能)。少しだけ残念だったのは、最初に公開された時の画像で気に入っていたライム・グリーンのボディカラーが、ジュネーブ・モーターショーではやや地味な明るいシルバーになっていたことだ。

どちらにせよ、注目に値するクルマであることには間違いない。モーターショーで撮影し来た短い映像もご覧いただきたい。


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】G500 4x4の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!