mercedes-benz C
メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都港区)は、メルセデス・ベンツ「Cクラス」の特別仕様車「C 200 Exclusive Line Limited」を3月下旬に全国限定590台を発売すると発表した。
mercedes-benz C
Cクラスは1982年に「190クラス」として登場し、動力性能や快適性、安全性などあらゆる面において常にセグメントの指標とされ、世界で累計1,000万台以上販売したモデル。昨年5月にフルモデルチェンジを行った現行のCクラスは、「2014-2015インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」(日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)、 「2014-2015日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー」(特定非営利 活動法人日本自動車殿堂)、「2015年次RJCカーオブザイヤー:インポート」(NPO法人日本自動車研究者ジャーナリスト会議)のインポートカーオブザイヤー三冠を受賞し、専門家からも高い評価を受けている。

「C 200 Exclusive Line Limited」は、現行のカタログラインアップモデルには設定のない、ボンネットのスリーポインテッドスターマスコットと3本のルーバーを備えたラジエータグリルが印象的な専用フロントデザインを採用。
mercedes-benz C

また、細身のスポークを放射状に配した専用17インチマルチスポークアルミホイールを装備し、コンフォート性を高めた AGILITY CONTROLサスペンションを採用することで快適な乗り心地を実現している。また、レーダーセーフティパッケージを標準装備、「C 200 AVANTGARDE」と同等の装備レベルとなっている。
インテリアは、上品な木目が映える2種類の専用ウッドトリムと専用デザインのシートを採用した。

MediaPortal Daimler Chrysler AG MediaPortal Daimler Chrysler AG

「C 200 Exclusive Line Limited」の希望小売価格(消費税込み)は、5,600,000円(限定190台)、「C 200 Exclusive Line Limited(本革仕様)」の希望小売価格(消費税込み)は、6,100,000円。

■メルセデス・ベンツ日本 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/