YAMAHA Moter Sport 2015

3月6日(金)ヤマハ発動機株式会社は、東京千代田区で「2015年モータースポーツ活動計画発表会」を開催。当日は、全日本選手権(ロードレース・モトクロス・トライアル)、アジアロードレース選手権に出場する選手らが登壇。

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役副社長 木村隆昭は「2015年はヤマハ発動機にとって60周年の年となる。1955年7月1日設立のわずか10日後に行われた"第3回富士登山レース"に出場したことが、当社にとって初のレース参戦となった。以来、国内外で積み重ねてきた挑戦の歴史は、まさにヤマハ発動機グループの歩みそのものであり、そうした活動から生まれたチャレンジスピリットは私達にとって大切な企業文化のひとつとして根付いている。」と、コメント。

Related Gallery:YAMAHA Morter Sport 2015

YAMAHA Moter Sport 2015 YAMAHA Moter Sport 2015

ヤマハ発動機株式会社は、レース活動を行う上で3つの基本方針を掲げている。その3つは、「ヤマハブランドの価値を高める」「世界の頂点へ向け製品技術の獲得に取り組み、各種ヤマハ製品の性能や品質向上に繋げていくこ」「レース文化の振興やレースの普及に向けた取り組み」であり、それに基づきレース活動を行っている。

技術開発部 MS戦略部部長 兼MC事業本部 第一事業部部長 尾崎幸宏は「国内全てのカテゴリーにファクトリーブルーで参戦する。ヤマハは、2016年WSBに復帰もそのひとつであり、日本で鍛えたプラットホームを各国の主要レースに展開していく。ファクトリーチームには、Youth Teamを新設し、ロードレース2人、モトクロス1人の若手ライダーを参戦させ、鈴鹿8時間耐久レースにもファクトリー体制で1996年以来の優勝を目指す。」と、コメント。

YAMAHA Moter Sport 2015

全日本ロードレース選手権 JSB1000に参戦する中須賀 克行選手は、「今年は、チーム名も変わり創立60周年を迎え、チーム全体の気合いを感じられると思います。その気合いに負けない様に、期待に応えチャンピオンを獲得したいと思います。」と、今年の各選手権について抱負、意気込みを語った。
中須賀選手は、昨年国内最高峰JSB1000で3連覇、5回目のチャンピオンを獲得。今シーズンは、新型「YZF-R1」にマシンを換え、国内最高峰クラス4連覇にチャレンジする。

ヤマハ発動機株式会社は、今後も継続的に国内のレースに取り組んでいく。

ヤマハ発動機株式会社 公式HP
http://www.yamaha-motor.co.jp/