【ジュネーブ2015】フェラーリ、V8ターボをミドシップに搭載した「488 GTB」を発表!(ビデオ付)
フェラーリは、3日に開幕したジュネーブ・モーターショー 2015で新型ミドシップ8気筒モデル「488 GTB」を公開。一見、先代「458イタリア」に大掛かりなマイナーチェンジを施しただけのようにも見えるが、最大の変更点はコクピット背後に縦置きされたV型8気筒エンジンにある。

Related Gallery:Ferrari 488 GTB: Geneva 2015

Related Gallery:Ferrari 488 GTB official photos

458イタリアの自然吸気4.5リッター・エンジンに替わり、488 GTBに搭載されたV8エンジンは、3,902ccの排気量からツインスクロール・ターボチャージャーによる過給を受けて、最高出力670馬力/8,000rpmと最大トルク77.5kgm/3,000rpmを発揮。フェラーリによれば「ターボラグは実質ゼロ」に等しく、スロットル・レスポンス・タイムは3速2,000rpmで0.8秒、車両のレスポンス・タイムは0.06秒という数字を掲げ、その応答性に自信を見せる。専用のギア比に変更された7速F1デュアルクラッチ・トランスミッションがこれに組み合わされ、0-100km/h加速3.0秒、最高速度は330km/hと発表されている(458イタリアは、それぞれ3.4秒と325km/h)。1速に入れた静止状態から加速して、4速ギアでリミッターが作動するまでに要する時間は僅か6秒だそうだ。フェラーリ本社近くにあるフィオラーノのテストコースでは、「458 スペチアーレ」さえ0.5秒も上回る1分23秒というラップタイムを記録したという。

なお、488 GTBというネーミングはヒストリック・フェラーリの流儀に立ち返り、1気筒あたりの排気量を示す数字と「グラン・ツーリズモ・ベルリネッタ」の頭文字を取ったもの。フェラーリは今から40年前に登場した最初のV8ミドシップ(2シーター)フェラーリ「308 GTB」とのつながりに触れているが、その数字はターボ・エンジンということもあり「288 GTO」の名前も連想させる。




458イタリアの面影を残すエクステリアで最も目を引くのは、サイドに設けられたエアインテークだろう。これも「308 GTBに敬意を表したもの」だというが、スプリッターで上下に2分割されている点が新しい。フロントは2基のラジエターに空気を送り込む左右のグリルが拡大され、F1マシンを模した中央にある2本の支柱「エアロピラー」とダブル・スポイラーは、フラット・アンダー・ボディに気流を導く。よく見るとボンネットも458系とは異なり、中央部が高く、その両脇が低く彫り込まれている。ここからラジエターの冷却空気が排出されるそうだ。

リアのエキゾースト・テールパイプは、458イタリアの中央3本出しから変更され、左右に離れた2本になった。これは巨大なディフューザーの高さを確保するためだとか。車両電子制御デバイス類と連動してダウンフォース量を調整する可変フラップも装備されている。また、リア・ウィンドウの基部にはエアインテークが開けられており、ここから入った空気をバンパーに開いたダクトから排出することでダウンフォースを発生させる「ブロウン・スポイラー」が新たに採用された。フェラーリが特許を取得したというこのシステムによって、リア・スポイラーの高さを上げる必要がなくなったという。




なお、エクステリア・デザインは(ピニンファリーナではなく)フェラーリ・スタイリング・センターが手掛けたそうだ。レースで得た経験を基に、空気抵抗を低減させながらダウンフォースは先代モデル比で50%も向上しているという。ボディ・カラーには「数百万の微粒子が浮遊する塗料による3層塗装で仕上げられて」いるという新色「ロッソコルサ・メタリザート」が用意された。

全長4,568mm × 全幅1,952mm × 全高1,213mmというサイズは、458イタリアより39mm長く、15mm幅広い。2,650mmのホイールベースは変わらず。乾燥重量は10kg軽量化されて1,370kgとなった。



ビークル・ダイナミクスを制御する電子システムは、F1-Trac(トラクション・コントロール)やE-Diff(電子制御式ディファレンシャル)に加え、458 スペチアーレで採用されたサイドスリップ・アングル・コントロール・システム(SSC)をさらにバージョンアップさせた「SSC2」を搭載。正確さを増した上に、介入感をさらに低減させたというこの機能によって、コーナー脱出時の加速度は12%向上したという。磁性流体ダンパーは第3世代の「SCM3」に進化した。

20インチが標準となるホイールには、前245/35ZR20、後305/30ZR20というタイヤを装着。スポークの向こうに見えるブレーキは、「ラ フェラーリ」から転用したという新型の「ブレンボ・エキストリーム・デザイン」システムで、制動距離が従来型より9%も短縮されたという。

インテリアは、シートやドアトリム、センターコンソール、そしてダッシュボードのエアベントの形状などが458 イタリアから変更されている。さらに、「V8エンジンのインテーク・プレナムからヒントを得た」というフェラーリ初の新キーが採用されているそうだ。



一年前に登場した「カリフォルニア T」に続く、フェラーリの"ダウンサイジング・ターボ"を採用したアップデートが、ついにミドシップ・スポーツにまで及ぶことになった。確かに性能は文句なく向上しているようだが、サーキットでラップタイムを削ることに血道を上げる人ばかりでは決してない多くのフェラリスタ達を、488 GTBはこれまでのように惹き付けることができるだろうか。ひょっとしたら自然吸気V8の最終究極ということで、458 スペチアーレは将来、価値が凄まじく高騰するかも知れない...。


By Hirokazu Kusakabe





【PR】488 GTBの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!