【ジュネーブ2015】ベントレー、2人乗りスポーツカーのコンセプト「EXP 10 スピード 6」を発表!
Related Gallery:Bentley EXP 10 Speed 6 Concept: Geneva 2015

Related Gallery:Bentley EXP 10 Speed 6

「何てカッコいいんだ!」3月3日からパレクスポ・コンベンションセンターで開催中のジュネーブ・モーターショー 2015で、ライトに照らし出されたベントレーの最新コンセプトカー「EXP 10 スピード 6」を見て、思わずこう叫んでしまった。

重厚かつ豪華なメタリックのブリティッシュ・レーシング・グリーンに身を包んだEXP 10 スピード 6は、我々がベントレーと聞いて想像するクルマとはまるで違う。車高は低く、クラシックなロングノーズ、ショートデッキのデザインで、この英国の高級車ブランドの伝統的なスタイリングの特徴を拡張したものとなっている。"エッグクレート"グリルと4灯ヘッドライトのおかげで、その顔は新しさと馴染み深さの双方を感じさせ、リアのホイールを覆うワイドに張り出したヒップは、洗練された輪郭をボディに与えている。

さらに印象的なのは2シーターのキャビンだ。スワンウイング・ドアを開くと、キルティング加工されたポルトローナ・フラウ社製レザー張りのシートやドア、アルミのアクセントが施されたステアリングホイールやシフトレバーの美しさに目を奪われる。そんなクラシックな内装の中にも、デジタルのダッシュボード、タブレット感覚で操作できるセンタースタックといったモダンな機能が組み合わされている。これはぜひとも市販モデルにも採用すべきだろう。そして、コックピットのようなレイアウトは、熱狂的ファンも多い「コンチネンタルGT」以上にドライバーを重視したデザインだ。

それでは早速、会場で撮影したEXP 10 スピード 6 コンセプトの写真と映像、プレスリリース(英語)をチェックしてみよう。ベントレーが、この素晴らしいコンセプトカーを市販化してくれることを期待したい。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ベントレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!