【ジュネーブ2015】限定生産のアストンマーティン「ヴァルカン」は800馬力超!
Related Gallery:Aston Martin Vulcan: Geneva 2015

アストンマーティンの「ヴァルカン」は、この英国を代表するスポーツカー・メーカーがこれまで生み出したクルマの中で、最も美しい作品の1つといえるだろう。だが、わずか24台のみが限定生産されるサーキット専用車であるため、公道で見掛けるチャンスは皆無に等しい。早朝の通勤時に、両サイドのエキゾーストから炎を噴出するヴァルカンの姿ほど、我々の目をハッキリと覚ましてくれるものはないのに、誠に残念だ。

ヴァルカンのために、アストンマーティンは長年使い続けてきたV型12気筒エンジンの排気量を7.0リッターに拡大することに成功し、その最高出力は800psを超えると約束している。これにはレース用の6速シーケンシャル・トランスミッションが組み合わされ、他にも完全なサーキット専用車として必要なすべての装備を備えている。プッシュロッド式サスペンションや、カーボンセラミック製ブレーキを制御するABS、トラクションコントロールは、あらゆるサーキットに対応できるように可変式で、モノコックとボディパネルは、どちらも軽量素材のカーボンファイバー製だ。

ヴァルカンは、メカニカル的側面において、ドライバーがサーキットで望むすべてを満たしているが、同様にデザインも魅力にあふれている。スタイリングは、ここ10年来のアストンマーティンに見られる緊張感のあるラインを、さらにシャープに研ぎ澄ませたことで、全てが未来的に見える。オレンジ色の発光体を寄せ集めて構成されたテールランプは特にクールな仕上がりだ。アストンマーティンは、ヴァルカンのデザインを再解釈して将来の市販モデルに採用するとも言っているので、このクルマからインスピレーションを得たモデルを公道で目にすることが出来るかもしれない。

それでは、開催中のジュネーブ・モーターショー 2015の会場で撮影した画像をギャラリーでお楽しみいただこう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アストンマーティンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!