【ジュネーブ2015】日産、コンセプトカー「スウェイ」をジュネーブモーターショーで公開
日産自動車株式会社(社長:カルロス ゴーン)は3月3日、2015年ジュネーブ・モーターショー(プレスデー:3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)で、ハッチバックコンセプトスウェイ(Sway)」を世界初公開した。

「スウェイ」は、日産が欧州ハッチバック市場に新たな方向性を提案するコンセプトカーで「キャシュカイ」や「ジューク」で培った日産の斬新な発想を、コンパクトハッチバックセグメントに初めて採用したモデル。

NISSAN Sway Geneva2015

Related Gallery:NISSAN Sway Geneva2015

NISSAN Sway Geneva2015 NISSAN Sway Geneva2015

エクステリアは「Vモーション」モチーフを施したグリルと力強いキャラクターライン、フローティングルーフ、ブーメラン型ヘッドランプ等、日産デザインの特徴的な要素を取り入れた。フロントのブーメラン型ヘッドランプには、ランプの形状自体にVラインの要素を取り入れ、鋭い目のような印象を作り上げる一方、リアランプにも同様の要素で車体を切り抜く様な印象的な形状に仕上げた。

フローティングルーフには、パノラマグラスルーフを採用することにより、クルマの中では広々とした解放感を味わえ、外からはエレガントかつシンプルなインテリアを眺めることがでる。ルーフを囲うコの字型のフレームは、ルーフサイドから後部まで続き、フレームにボディカラーと対照的な力強いオレンジを配色。ルーフ中央には特徴的なX型の構造を取り入れることでさらに剛性を高め、ドアは観音開き仕様を採用し乗降性を高めている。

NISSAN Sway Geneva2015 NISSAN Sway Geneva2015

インテリアデザインでは、2013年東京モーターショーで初披露した「IDx」コンセプトカーで採用した「グライディングウィング」形状のダッシュボードを進化。ドアノブは、アルミ構造材の一部としてデザインし、ステアリングホイールにはアルミを採用。シンプルなインテリアを実現するために、多くの機能を集約した大型の台形型タブレットはダッシュボードの中央に取り付け、運転席側、助手席側からも見やすく使いやすくなっている。

軽量化したシートは、アルミニウムに高級なスエード調生地を採用。高級ハンドバッグなどで用いられている縫い付け手法を取り入れ、また、パールのような光沢感のある素材でアクセントを加えプレミアム感を演出。

NISSAN Sway Geneva2015 NISSAN Sway Geneva2015

エクステリアカラーは、光の下で見えるかすかなブルーを含んだ「Bluish Dawn Grey」と、対照的なオレンジを調和させ、インテリアカラーにはエクステリアと同様、深いブルーと対照的なアイボリーとオレンジを採用しクルマに一体感を与えている。

日産の専務執行役員、チーフ・クリエイティブオフィサーである中村史郎は「挑戦を続けていくことは、日産の文化といえます。この新しいコンセプトカーは、日産のコンパクトハッチバックの新しい提案です。私たちは、この『スウェイ』が、『キャシュカイ』や『ジューク』のように、斬新で、個性的、そして魅力的なものを提案することで、日産の挑戦する文化を継承していくと考えています。」と述べた。

日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/