レクサスは、2015年3月3日から開幕したジュネーブ・モーターショー 2015にウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー「LF-SA」を出展した。

LF-SAとは、Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)を意味し、未来の生活スタイルにおいても運転の歓びを追求する精神をその名に込めたとのことだ。

先鋭(Leading- edge)と精妙(finesse)の美を表現するレクサスのデザインフィロソフィー"L-finesse"を大胆に採り入れ、精悍で都会的なエクステリアとドライバー中心のインテリアで、LF-SAのコンセプトを表現している。
Related Gallery:Lexus LF-SA Jeneva 2015


先日の記事で2シーターのように見えるとご紹介したが、実際は小さいながらも後部に2名分の座席が用意されており、2+2の4シーターとなっている。

コンパクトなボディサイズでありながら、大きく弧を描いたダッシュボードが広い室内を演出している。また、ドライバー重視の空間は、異なる素材やボリューム感の違いで構成した重なり合う楕円で構成されている。

ちなみに、運転席は固定されており、位置調整可能なステアリング・ペダルを採用することにより、シティユースでも快適で広々とした運転空間を実現しているという。一方、助手席はスライド可動式とし、後席への乗降性に配慮がなされている。

ドライビングに必要な情報は、将来のインフォテイメントを視野に入れた、ホログラムタイプのデジタル表示とワイドヘッドアップディスプレイで手に入れることが出来るようになっている。

LF-SAは、日常生活で最新技術による自動化が進む中でも、ドライバー自らが運転する歓びを表現したデザインスタディモデルとして、フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が企画からモデル製作まで一貫して担当し、具現化した車両となっている。

エクステリアは、都市での使用を想定し、狭い場所での取り回しやすさと機敏な走りを実現するコンパクトなパッケージとなっており、ボディサイズは、全長3,450 × 全幅1,700 × 全高1,430mmだ。なお、トヨタiQ」と比べると全長450mm、全幅20mm大きく、全高が70mm低くなっている。

彫りの深いボディ造形により、見る角度によって刻々と表情が変化して見えるデザイン表現がなされており、iQに比べて高級感と先進性を感じられる仕上がりとなっている。

フロントエンブレムを中心とした放射パターンのスピンドルグリルは、立体的にフロントフェンダーへ続き、ボディの踏ん張り感を強調している。


リアホイールアーチ上の大胆な削り出しによる構成面がボディのメリハリを強調し、ダイナミックかつ前進する力強さが表現されている。

なお、サイドに張り出したL字のリヤコンビネーションランプ、二段重ねの立体構成にスピンドル形状を合わせたリアデザイン、および車両各部に採り入れたアローヘッド形状などが、レクサスの記号性を追求しているとのことだ。

レクサスが今まで踏み込まなかった領域となる、2+2シーターのウルトラコンパクトクラスに、究極のラグジュアリーを具現化したLF-SAの市販モデルが具現化するかはこのショーでの反響にかかっているだろう。

Lexus LF-SA Ultra-Compact Concept - The Reveal

LEXUS SHOWCASE | GENEVA 2015
レクサス公式HP(ジュネーブモーターショー2015)
http://www.lexus-int.com/jp/motorshow/2015-geneva.html

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!