【ジュネーブ2015】ホンダ、ニュルでFFハッチバック最速を記録した新型「シビック TYPE R」を発表!
ホンダは、3月3日に開幕したジュネーブ・モーターショー 2015にて、欧州向け新型「シビック TYPE R」を発表。その開発車両がドイツ・ニュルブルクリンク北コースでテスト走行中に、7分50秒63という前輪駆動ハッチバック最速タイムを記録したことも明らかにした。

Related Gallery:Honda Civic TYPE R

欧州で販売されている5ドア・ハッチバックの「シビック」をベースに、「レーシングカーのような高い走行性能を発揮するモデルとして開発」されたという新型シビック TYPE Rは、歴代TYPE Rモデル(NSX-Rも含む)で最強となる最高出力310ps/6,500rpmと最大トルク400Nm(40.8kgm)/2,500rpmを発生する新開発の2.0リッター直列4気筒直噴VTECターボを搭載。6速マニュアル・トランスミッションとの組み合わせで前輪を駆動し、0-100km/h加速5.7秒、最高速度は270km/hに達するという。



エクステリアは「高い走行性能に貢献する機能性と、スポーツモデルらしいアグレッシブさを備えたデザイン」を目指し、コンピューターを使ったCFD(数値流体力学)モデリングや風洞実験を繰り返して<
高速走行時の安定性と高いダウンフォース性能を実現するエアロダイナミクスを開発。車体底部を平らにするように配置された整流板と、リアバンパー下部のディフューザーにより、車体下部を流れる空気を効果的に流すことで高いダウンフォースを発生させるとともに、フロントバンパー下部のスポイラーとサイドスカートがリフト(車体を上に持ち上げようとする力)を低減させるという。

1年前のジュネーブで公開された「シビック TYPE R コンセプト」よりは控え目になったリアウイングは、高速走行時における空気抵抗の増加を抑えつつ最適なダウンフォースが得られるように注意深くデザインされ、特に高速コーナリングで高いロード・ホールディング性能を発揮するという。

空力性能と同時に開発チームが注力したのが冷却性能だ。フロント・バンパーの拡大されたグリルは膨大な空気をエンジン・ルームに送り込み、フロント・ホイールアーチの上に開けられたベントからそれを排出する。




高出力を確実に路面に伝え、爽快なハンドリングを実現するため、サスペンションには前後とも新開発の「アダプティブ・ダンパー・システム」を採用。4輪が独立して連続的に制御され、優れたロード・ホールディング性能を発揮すると共に、激しい加速や減速時にも姿勢をフラットに保ち、さらに日常的なドライブやクルージングの際には、より快適でしなやかな乗り心地を提供するという。

また、フロントに採用された「デュアル・アクシス・ストラット・サスペンション」は、ハイパワー前輪駆動車の悪癖とも言うべきトルクステアを、シビックの標準モデルと比べて約50%も軽減するそうだ。さらに高速時走行時やコーナリング限界域における安定性とステアリング・フィールも改善されたという。

TYPE R専用デザインの19インチ軽量高剛性ホイールには、やはりTYPE Rのために専用開発された235/35R19タイヤを装着。フロント・ブレーキに装備されるブレンボ製4ピストン・キャリパーと350mm径ドリルド・ディスクローターも専用装備だ。

シビック TYPR Rには、以前ご紹介したビデオで予告されていたように、その性格を戦闘的に高める「+R」モードが装備されている。インストゥルメント・パネルに備わる「+R」ボタンを押すと、エンジンのレスポンスが高まり、トルク・マッピングは動力性能を重視したアグレッシブなセッティングに変化し、ステアリングは反応が鋭く、パワーアシストは控え目になって、アダプティブ・ダンパー・システムの基本レートが30%固くなるという。



美的にも機能的にもTYPE Rのスポーティな性格を強化するためにアップグレードされたというキャビンには、これまでのTYPE Rモデルでお馴染みのアルミニウム合金製シフトノブをはじめ、スウェード調ファブリック表皮のハイバック・スポーツシートや、本革巻ステアリング・ホイールなどが装着される。メーター・パネルにはラップタイムを計測するストップ・ウォッチや、Gメーターも表示されるようだ。

さらにシビック TYPE Rには「GTパック」と呼ばれるパッケージ・オプションが用意され、これを選ぶと前後スプリッターが赤で塗装されるだけでなく、前後パーキング・ソナーや雨滴感応ワイパー、電動格納ドアミラー、8スピーカーの320Wオーディオ・システム、赤いアンビエント照明などが装備され、「ホンダ・コネクト」インフォテインメント・システムにもガーミン製ナビゲーション機能が追加される(4年間の地図アップデートが無料)。また、標準装備の「シティ・ブレーキ・アクティブ」以外にも、センサーを使った先進運転支援安全機能「アドバンスド・ドライバー・アシスト・システム」が搭載される。

ボディ・カラーはTYPE R伝統の「チャンピオンシップ・ホワイト」をはじめ、「クリスタル・ブラック(パール)」「ポリッシュド・メタル(メタリック)」「ブリリアント・スポーティ・ブルー(メタリック)」「ミラノ・レッド」の5色が設定され、欧州では今年の夏に発売される予定だ。今のところ、日本市場導入に関する報せはない。

新型「NSX」とは違って、一般的なクルマ好きでも頑張れば手が届く最高のホンダ車が、日本でも買えるようになることを願わずにいられない。東京モーターショーで何らかの発表があることを期待したい。


By Hirokazu Kusakabe

【PR】シビック TYPE Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!