【ジュネーブ2015】フォルクスワーゲン「スポーツクーペ コンセプト GTE」を世界初公開
フォルクスワーゲンは、3月3日から開催中のジュネーブ・モーターショー 2015において、「スポーツクーペ コンセプト GTE」をワールドプレミアした。

フォルクスワーゲンの新しいデザイン言語を纏った先進的モデル「スポーツクーペ コンセプト GTE」は、最新インターフェイスプラグインハイブリッドを採用したハイテク コンセプトカー。

Related Gallery:VolksWagen 「Sport Coupe Concept GTE」

VolksWagen Sport Coupe Concept GTE VolksWagen Sport Coupe Concept GTE

コンセプトは、エクスクルーシブなスポーツカーを彷彿させるデザインに、4ドア+大型トランクを備えたサルーンの機能の融合。

既存のフォルクスワーゲンCCよりひとクラス上のポジショニング、4,870mmの全長、2,841mmのホイールベースにより、たっぷりとした室内長を確保。3次元の細密画像を提供するアクティブインフォ ディスプレイ(デジタルメーターパネル)を採用し、ドライバーの体調データを読み取り、推奨ルートを検討する機能付ナビゲーションをオプション設定。
VolksWagen Sport Coupe Concept GTE
システムパワー380PSを発揮するプラグイン ハイブリッド システム(PHEV)は、TSI エンジン+2つの電気モーターを搭載。3.0ℓのV型6気筒の直噴ガソリン(TSI)ユニットで220kW/299PSの最高出力と500Nmの最大トルクを発生。そして一方の電気駆動用システムは、主にリチウムイオンバッテリー(センタートンネルに搭載)と2つの電気モーターで構成され、そのうちフロント側の出力40kWの電気モーターは、6速DSG(DQ400E)ギアボックスと一体化されている。リヤ側の電気モーターの出力は85kWで、2つのモーターとV6 TSIを合計すると、最高279kW/380PSのシステムパワーが得られる。必要に応じて、前輪の駆動に対応してリヤの電気モーターが後輪を駆動する「エレクトリック プロペラシャフト」により、4輪のすべてに駆動力が分配される。スポーティに走れる「GTE モード」では、250km/hの最高速度と0-100km/h加速もわずか5.0秒という俊敏な加速性能が得られる。燃料消費量は2.0L/100km。50kmの距離までなら電気モーターだけによるゼロエミッション走行が可能。

VolksWagen Sport Coupe Concept GTE VolksWagen Sport Coupe Concept GTE

フォルクスワーゲン AG のデザインを統括するワルター デ シルヴァは「スポーツクーペ コンセプト GTE では進化と革命が同時に起こっています。フォルクスワーゲンのデザイン DNA に立脚しつつ、同時により研ぎ澄まされた形で提示されているのです。このモデルは、フォルクスワーゲンというブランドが、直近の未来に対して、いかに魅力的なアプローチで臨もうとしているのかを示唆しているといえるでしょう」とコメント。

そして、フォルクスワーゲン ブランド開発担当取締役の Dr.ハインツ ヤコブ ノイサーは「スポーツクーペ コンセプト GTEは、このクラスのクーペとして抜きんでたダイナミクスの持ち主です。エクスクルーシブなスポーツカーのスタイルに、大きなトランクとフル 4 シーターの室内スペースを融合しており、伝統的な B、C セグメントのサルーンに代わるとても魅力的な選択肢になると思います」とコメント。

フォルクスワーゲン ブランド デザインチーフ クラウス ビショフは「スポーツクーペ コンセプト GTE は、デザイン面での我々のチャレンジの新たなマイルストーンになるものです。開発は最初から最後まで新しいアイデアとの格闘でした。その結果、私たちはひとつの羅針盤を得ました。このコンセプトカーを通じて、フォルクスワーゲンは、単に新しいクルマのデザインを披露しているのではなく、新しいデザインの時代の始まりを予告しているのです」とコメント。

VolksWagen Sport Coupe Concept GTE VolksWagen Sport Coupe Concept GTE

「ゴルフ GTE」のデビュー以来、このアルファベット3文字で構成された名称は、PHEVモデルを意味するものとして使われ、今年は「パサート GTE」が追加される。「GTE」がつくクルマは、約50kmまでの距離であれば純粋な電動モードで走行が可能。279kW/380PSのパワーを有する2つの電気モーターと外部から充電可能なバッテリーを搭載することで、グランドツーリスモならではの卓越したロングツーリング性能とゼロエミッションで走れる環境適合性を併せもっている。250km/hの最高速度を可能にしながら、2.0ℓ/100kmという卓越した燃料消費量も実現している。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 VolksWagen公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html