ケーニグセグ、ジュネーブで披露する新スーパーカー「アゲーラRS」 のスケッチを公開
スウェーデンに本拠を置くスーパーカー・メーカーのケーニグセグは、どこから見ても大量生産型の自動車メーカーとは呼べない。事実、年間生産台数は数十台程度だ。そんな小さな会社が、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショーで新しいスーパーカーを2台もお披露するというのは、大ニュースと言えるだろう。

今のところ、2台の新型スーパーカーに関して明らかにされている情報は極めて少ないのだが、クリスチャン・フォン・ケーニグセグ率いるこのスーパーカー・メーカーは、我々の関心を引き続けるために少しずつティーザー画像を公開し続けて来た。Facebookの公式ページに掲載された上の画像がその最新のものだ。

このスケッチはジュネーブで発表される2台のうちの1台、「アゲーラRS」と名付けられたモデルのテールエンドを描いているという。これまで販売されて来たアゲーラとは異なるスポイラーやリアフェンダー・ベントが見られ、特に両端にエンドプレートを備えたリアウィングが特徴的だ。

フェイスブックの画像と共に書かれたコメントによればアゲーラRSは、超軽量化されたモデル「アゲーラOne:1」から最新のテクノロジーを取り入れ、その一方で「アゲーラS」や「アゲーラR」のように、日常的な使用に便利なラゲージスペースやリアウインドウ、そして着脱式のハードトップも採用しているという。

一方、ジュネーブで発表されるもう1台のメガカー「レゲーラ」は、アゲーラのハイブリッド・バージョンになるのではないかという噂だ。つまり、ポルシェ「918スパイダー」マクラーレン「P1」フェラーリ「ラ フェラーリ」と同じ方向に位置するスーパーカーになると予想される。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アゲーラRSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!