BMW ジャパンは、4月4日に開幕するSUPER GT 2015に「BMW Z4 GT3」で参戦する「BMW Sports Trophy Team Studie」を、昨シーズンに引き続きコラボレーション・パートナーとしてサポートすることを発表。2月26日、東京駅近くの「BMW Group Studio」にてチームの体制発表会が行われた。

昨シーズンよりBMW ジャパンの包括的サポートを受け「BMW Sports Trophy Team Studie」として活動することになったチームは、ドイツのBMWモータースポーツからワークス・ドライバーであるヨルグ・ミューラー選手を迎え、ル・マン24時間レースで総合優勝した経歴を持つ荒聖治選手とのコンビで、象徴的なBMW Mのカラーリングを纏った「Z4 GT3」を走らせ、2014年のSUPER GTを戦った。

開幕戦の岡山では優勝した「GOODSMILE RACING & TeamUKYO」とともにBMW Z4のワン・ツー・フィニッシュを決め、第6戦鈴鹿では3位、第7戦タイで再び2位を獲得し、初年度からチーム、ドライバー共にランキング3位という戦績を残したものの、残念ながら1勝も上げることはできずにシーズンを終える。2人のドライバー、マシンを含めほぼ同じ体制で臨む今シーズンはまず初優勝を果たし、GT300クラス・チャンピオンを目指すことになる。




Team Studie代表で監督も務める鈴木康昭氏によれば、今年の体制は昨年と「基本的に主要スタッフは変わりません。ある意味それが私どもの自信の表れだと思っていただければと思います」とのこと。昨年の活動により「このチームが非常に機能し、チャンピオンが獲得できるスタッフであると確信しています」と述べた。

なお、来年度からBMWのGT3マシンは「M6 クーペ」をベースにした「M6 GT3」に切り替わることが決定しているという。Team Studieにとっては「2011年から共に戦ってきたこのZ4 GT3とは今シーズンが最後。当然、有終の美を飾りたいという思いがあります。今年は何としてもチャンピオンを獲る。それがシンプルな、唯一の目標です」と鈴木代表は今シーズンに掛ける決意を表明する。

マシン自体は、チームの方によれば「今年はFIAのGT3規定に変更がないため、昨シーズンとほとんど変わらない」という。ただし第3戦より、いま装着されているBMW モータースポーツのBBS製ホイールから、「BBSジャパンとタッグを組んで、新しく作っていただくホイールを投入予定」だそうだ。



ヨルグ・ミューラー選手は「2014年はクレイジーな1年でした。日本のレースは皆さんがフェアなドライビングをし、正々堂々と戦うので大変気に入っている。また、それ以上に日本の景色の美しさ、皆さんの親切にしてくれるその心に触れ、日本が大好きになりました」と話す。「昨シーズンの終わりまでにはチームのスタッフや荒選手とお互いによく知り合うことができ、ますますチームの一体感が増した。今年は少しでも多く勝ちたいと思っているし、チャンピオンシップを勝ち取りたい。そのための環境、プログラムの準備は着々と進んでいます」と語った。

荒聖治選手は「同じスタッフ、同じチームメイト、同じクルマというコンビネーションの中で、確実に去年よりも強くなっている、強い戦いが出来ると手応えを感じています。昨年よりもさらに精度の高いレースをして、BMWのパフォーマンスをしっかりと活かし、まずは1勝したいなと思います。そして結果的に最後はみんなで笑えるような1年にできたらいいなと思っています」と語った。



ボディには新しいスポンサーの名前も増えているが、"メイン・パートナー"は昨年から引き続き、高品質な動物のぬいぐるみで知られるドイツのシュタイフが決定している。この日の体制発表には創業者の孫娘にあたるというシュタイフ社オーナーのクレア・シュタイフさんが姿を見せた。シュタイフ社創業者のリチャード・シュタイフ氏は大変なクルマ好きだったそうで、パテントを持つメカニックでもあったという。クルマのテストのためにドイツを午後に出発して、その日のうちにフランスまで走り切ってしまうほどの行動力も持ち合わせていたそうだ。「この美しいBMWにシュタイフの名前が書かれているのを見たら、祖父はなんて光栄に感じたことだろう」と仰っていた。




昨年、同じBMW Z4を走らせるライバルであり同志でもあったGOODSMILE RACING & TeamUKYOは、今季からメルセデス・ベンツの「SLS AMG GT3」にマシンをスイッチする。鈴木監督によれば、SLS AMGは「ドライバーの技量に左右されない特性が人気の理由」だという。これに対し、Z4は「速いドライバーが乗ると非常に速いが、ジェントルマン・ドライバー(セミプロフェッショナル)が乗ると難しいクルマ」という違いがあるとか。1998年のル・マンで総合2位、ニュルブルクリンクとスパの24時間レースで優勝経験を持つヨルグ・ミューラー選手や、2004年のル・マンで総合優勝を果たした荒聖治選手が、もちろん"速いドライバー"であることは言うまでもない。"変わらない"ことが、どれだけ他チームに対するアドバンテージとなるか。2015年のSUPER GT開幕戦は4月4日・5日に岡山国際サーキットで行われる。白いボディに水色・紺・赤のストライプが描かれたBMW Z4 GT3、最後となる活躍に期待しよう。

BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/


BMW Sports Trophy Team Studie 公式サイト
http://www.teamstudie.jp/



By Hirokazu Kusakabe

【PR】BMW Z4の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!