2015年3月3日から開催されるジュネーブ・モーターショー 2015で公開される予定のレクサス「LF-SA CONCEPT」のディーザー画像をご紹介したが、そのスタイリングが分かる画像を入手したので、ご紹介しよう。
Related Gallery:2015 Lexus LF-SA Concept


ティーザー画像ではフロントフェイスのみ公開されていたので、どのような車格のモデルか分からなかったが、この画像からは、レクサスのエントリーモデルである、「CT200h」よりもさらにコンパクトな2ドアのコンパクトなSUVであることわかる。

レクサスは、LF-SA Conceptについて、力強く、そして情熱的なレクサスのデザイントレンドを大胆に具現化し、 今までにない領域でレクサスの未来を表現していると発表している。

画像では、マツダCX-3」や日産ジューク」などよりも小さく、2シーターのようにも見える。2ドアのシティコミューターというと、スマートフォーツー」、トヨタiQ」などがあるが、そのようなポジションの車両のようにも見える。


インテリアは広くはないが、包まれ感のある個性的なデザインが採用されている。ステアリングと室内空間の割合から見るとiQに近い室内幅のように見える。

レクサスの車名には意味合いがあり、LSはラグジュアリー・セダン、SCはスポーツ・クーペ、LXはラグジュアリー・クロスオーバー、CTはクリエイティブ・ツーリングという略称となっている。

そうなると、スモール・クロスオーバーであれば、SXという名称となるはずが、公開された名称はSA。

つまり、今までのセダンやクロスオーバー、クーペという車型を当てはめることができない、新しいジャンルということだろう。SAの意味も含めて、もう間もなく、ジュネーブ・モーターショーで全貌が公開される。

レクサス公式HP(ジュネーブモーターショー2015)
http://www.lexus-int.com/jp/motorshow/2015-geneva.html

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!