モーガン、新型モデル「エアロ8」の新たなティーザー画像を公開!
英国の少量生産スポーツカー・メーカーであるモーガンは、ジュネーブ・モーターショー 2015で発表を予定している新型車のティーザーを、2月の初めより画像映像で少しずつ明らかにしている。最近Facebookの公式ページで公開された画像では、ようやく全体像が仄かに見えるボディ・サイドと、特徴的なルーフの一部、そしてその車名が「エアロ8」となることが明かされた。

今回公開された画像でもまだその多くが謎に包まれたままだが、少しだけディテールが明らかになっている。ボディの形状は確かに「エアロクーペ」や「エアロ スーパースポーツ」とよく似ており、長いボンネットやボディサイドへと流れ落ちるように続くクラシックなフェンダーなどは共通している。しかし、ルーフとテールエンドは大きく変更されているようだ。従来の「エアロ」シリーズではルーフラインがなだらかに後方へ伸びたファストバック・スタイルだったが、この新モデルではリアウインドーの角度が起こされたノッチバックとなっている。続けて公開された下の画像を見ると、オープントップのボディにハードトップを取り付けたようにも見える。これが取り外し可能なのか、それとも固定式となっているのかは、まだ分からない。



前回のティーザー映像から、その長いフードの下に過給機付きV8エンジンが搭載されているのではないかと推測された。とはいえ真相が明らかになるまでもう少し待たなければならない。ジュネーブで全貌が明かされる3月3日を楽しみに待とう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】モーガンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!