【ビデオ】ランボルギーニが、
ランボルギーニは、3月3日にジュネーブ・モーターショー2015で発表する新型モデルのティーザー映像を公開した。その正体はまだ謎に包まれているが、公開された映像の中にかなり大きな手掛かりが含まれており、1つの有力候補が浮上している。

映像では、岩山の間を伸びる道路が映し出されたあと、謎のモデルのインテリアやブレーキローター、12本の排気管などが一瞬だけ現れる。また、画面に出る「最も反応に優れたクルマ」という言葉の背後には直線的な「S」の文字が描かれており、これもヒントになりそうだ。

実は1月の終わりに、ランボルギーニが「アヴェンタドール」の高性能モデルと見られる「アヴェンタドール SV」(SV=スーパーヴェローチェ)の映像を撮影している様子が目撃されている(そしてその場所は、今回のティーザー映像の背景と似ていないこともない)。アグレッシブさを増したフロントエンドや、大型のリアウイングとディフューザーを備えたこのアヴェンタドールのボディ・サイドには「SV」の文字がしっかりと確認でき、これがティーザー映像に登場するSの文字とほぼ同じデザインなのだ。エクステリアだけでなくパワーもおそらく強化されているはずだが、このモデルの正体と同様、具体的な数値はまだ明かされていない。

もちろん、この"赤いS"の文字が、"赤いニシン"(red herring:「人を惑わす情報」という意味がある)である可能性もある。だがいずれにしても、ランボルギーニはジュネーブ・モーターショーで興奮を与える発表をしてくれることは間違いない。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!