三菱がジュネーブ・モーターショーでConcept XR-PHEVⅡをお披露目!
三菱自動車は、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、FFタイプのプラグインハイブリッドEVシステムを搭載したコンセプトカー「Concept XR-PHEVⅡ」をお披露目する。

今回も"コンセプト"と名前に付いてはいるものの、2013年の東京モーターショーで初公開された「Concept XR-PHEV」に比べると、より市販車に近づいているらしいことが分かる。東京のコンセプトカーよりも若干トーンダウンしたボディには、(細長い形状はともかくとして)ちゃんとサイドミラーも付いており、フロントグリルも実際に開けられているようだ。窓を通してインテリアも見ることが出来る。

ランボルギーニのSUVコンセプト「ウルス」を三菱「ランサーエボリューション」と掛け合わせたように見えなくもない、都市型クロスオーバーのスタイルも魅力的だが、何と言っても注目は三菱の最新技術を詰め込んだプラグインハイブリッドのEVシステムだろう。163psを発生する電気モーターと、MIVECエンジン、パワー・ドライブ・ユニットは全て車体のフロントに搭載され、前輪のみを駆動するという。バッテリーの総電力量は12kWh。だが、エンジンのスペックについては今のところ一切明らかにされていない。三菱の可変バルブタイミング機構(Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system)の頭文字を取ったMIVECエンジンには、1.0リッター3気筒から3.8リッター6気筒まであり、しかもガソリンとディーゼルがあるため、その中のどれが積まれているのか、推測することは難しい。ちなみに前コンセプトカーには1.1リッター直列3気筒直噴ターボエンジンが搭載されていた。

なお、このXR-PHEVが晴れて市販化される際には、次期型「RVR」になるのではないかというもっぱらの噂だ。ジュネーブで実車が公開されたら、さらに詳しいスペックも分かるかも知れない。現在明らかにされている情報に関しては、公式サイトのプレスリリース(日本語)を見てみよう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】次期型RVRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!