HONDA「Dio110」
本田技研工業株式会社は、軽快な走りとスタイリッシュな外観の原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし、3月6日(金)に発売。
今回のフルモデルチェンジは、使い勝手と燃費性能のさらなる向上と、上質感のあるスタイリングを追求。

Related Gallery:HONDA「Dio110」

HONDA「Dio110」
HONDA「Dio110」 HONDA「Dio110」

スタイリングは「スタンダードでありながら上質を兼ね備えた洗練のカタチ」をデザインテーマに掲げ、立体的な面構成としている。
車体色は、エグザルテッドブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、フォースシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリックの4種類のバリエーションを展開。

車体・足回りは、フレームを新開発し剛性を確保しながらパイプ構成を全面的に見直した。従来モデルに対して車両重量を3kg軽量化を実現することで、燃費性能の向上と軽快なハンドリングに寄与。全・後タイヤは、大径14インチタイヤを継承。
足元のフロアは、前端の幅を広くし、シート高を5mm低く設定することでゆったりとしたライディングポジションと、取り回しやすさに配慮。ホンダ独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)も装備。

HONDA「Dio110」

エンジンは、燃費性能の向上を目指し、エンジンの低フリクション化を徹底的に追求。オフセットシリンダーを採用し、ロッカーアームのローラー部を小径化。ミッション内部の軸受けに低フリクションベアリングを採用。燃焼効率の向上を目指し、吸気ポートの形状変更や高い着火性能のニッケルスパークプラグの採用など、低フリクション技術を採り入れた空冷・4ストローク・OHC単気筒の「eSP(イーエスピー)」を搭載することで、57.9km/L(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能を実現。最高出力値は、従来モデルの6.2kWから6.6kWに向上させながら、発生回転数を8,250rpmから7,500rpmへと低く設定することで低・中速を多用。
「eSP」とは、enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターター等の先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称。
また、燃焼効率の向上により、最高出力値は従来モデルに対し約6%向上させた6.6kWを実現し、燃費性能と力強い走りを両立。

HONDA「Dio110」 HONDA「Dio110」

その他、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムを新たに採用。エンジンを始動させるスターターモーターと発電のためのACG(交流発電機)を一体化させた「ACGスターター」を新たに採用することで、静かなエンジン始動音にするとともに、アイドリングストップシステムによるエンジンの停止と始動を繰り返す際にも、スムーズな発進を可能とした。アイドリングストップシステムには、エンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを採用し、バッテリー電圧が低下している場合は、アイドリングストップ機能を停止しバッテリー上がりの抑止に貢献。
メインスイッチとハンドルロック機構を集約したシャッター付キーシリンダー、ワンタッチでシートが開けられるシートオープンスイッチの装備や、18L容量のユーティリティースペース(シート下)、500mlのペットボトルが収納可能なフロントパネル左側のインナーポケットなど、収納スペースも確保。

税込価格は、22万8960円。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/