トヨタ、マイナーチェンジを施した欧州仕様「オーリス」の画像を公開
Related Gallery:2016 Toyota Auris

トヨタは、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショー 2015に、マイナーチェンジを施した欧州向け「オーリス」のハッチバックおよびワゴン(トヨタでは「ツーリング・スポーツ・ワゴン」と呼んでいる)を出展すると発表。一足早くその画像を公開した。

オーリスは「カローラ」をベースにハッチゲートを備えたモデルで、北米ではかつて「マトリックス」として販売されていたことがある。2代目に当たる現行型は2012年のパリ・モーターショーでデビュー。ヘッドライトとグリルがV字型に切れ上がった「キーンルック」を特徴としていたが、今回のマイナーチェンジで"顔"のデザインが変更された。昨年ヨーロッパで販売されたオーリスの半数を占めるというハイブリッドは引き続き採用され、ガソリンとディーゼル・エンジンは、効率とパフォーマンスが改善された新開発ユニットに切り替わるとのこと。

外観に加え、キャビンもアップグレードされているそうで、新しい快適装備と安全機能が搭載されるという。詳細な情報は、ジュネーブで公開となる間際に発表される模様。モーターショーのブースでは、新型「アベンシス」と並んで展示される予定だ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「オーリス」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!