BMW i8

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カーBMW i8(アイエイト)」の今後の購入希望申し込み者を対象に、旅行・文化・美食・芸術など多彩な分野から、他では体験できない厳選されたプログラムが利用可能な「BMW iピュア・インパルス・エクスペリエンス・プログラム」を提供(従来は購入者にオプション・プログラムとして提供)。
BMW iは、BMWグループの中核ブランドBMWのサブ・ブランドとして位置付けられた持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランド。BMW iの製品やサービスは、専用の設計、開発、企画、生産などにより、持続可能なプレミアム・モビリティを実現するという革命的な手法を採用。電気のみを動力源とするBMW i3プラグイン・ハイブリッド・システム搭載のプレミアム・スポーツ・カーBMW i8をラインアップ。
2014年9月に発売されたBMW i8は、スポーツカーでありながらコンパクト・カー並みの燃費性能と低排出ガスを実現したプラグ・イン・ハイブリッド・テクノロジー「eDrive(イードライブ)」や、量産車として初めて炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の基本骨格(パッセンジャー・セル)を採用している。

BMW i8BMW i8

「BMW iピュア・インパルス・エクスペリエンス・プログラム」は、先進的な取り組みを行う世界中のパイオニアとの交流、世界中の厳選された高級ホテルやエコリゾートでの宿泊、一流レストランでのグルメ体験や著名なアートギャラリーへの招待など、BMW i8の先進的かつサステイナブルなコンセプトに相応しい特別イベントを、3年間に渡ってBMW i8オーナーに提供。
本プログラムの第1回目のイベントは、ドイツのライプツィヒで行われ、生産用の全電力を100%風力発電で賄っているBMW i8の生産工場「ライプツィヒ工場」の見学ツアーなどを開催。特別ゲストに現代を代表するスイスの冒険家、ベルトラン・ピカール氏(56)が招かれた。世界初のソーラー・プレーンによる世界一周飛行を目指すプロジェクトを展開しているピカール氏とBMW i8のオーナー達が交流を愉しんだ。
3月には、昨年パリにオープンしたザ・ペニンシュラ・パリよりエグゼクティブ・パティシエのジュリアン・アルヴァルズ氏が来日し、ザ・ペニンシュラ東京にて限定ディナー・コースを堪能できる機会を提供。
その他、ロンドンで行われるBrit Awards(ブリット・アワード)授賞式、米国で行われるCoachella Music and Arts Festival(コーチェラ・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)の他、2015年3月に香港で開催されるArt Basel Show in Hongkong(アート・バーゼル・ショー・イン・ホンコン)などがある。

BMW i プロダクト・マネジメントの責任者であるヘンリック・ヴェンダースは「BMW i はお客様との対話という面においても、新次元を切り拓くパイオニアとしての役割を担っています。この特別イベントには、時代の先を見越すことができ、サステイナブルな考え方をする人々が集まります。そのため、『BMW i8 ピュア・インパルス・エクスペリエンス・プログラム』は、今の時代にふさわしい責任あるライフスタイルを象徴するものとなっています。」と語った。

ビー・エム・ダブリュー株式会社 公式HP
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/