リヒテンシュタインに本拠を置くナノフローセル社(NANOFLOWCELL)は、昨年のジュネーブ・モーターショーで発表した電気自動車(EV:彼らは「eスポーツ・リムジン」と呼ぶ)「QUANT」の進化型となる「QUANT F」と、そして新たに開発中のEVコンセプト「QUANTiNO」を、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショーで公開すると発表した。


同社によればQUANTiNO は、QUANTよりも大衆向けとなるモデルで、独自の「ナノフローセル」技術による48Vの低電圧システムを採用し、航続可能距離は1,000kmを超えるという。4個のモーターがそれぞれ25kW(34ps)を発生し、システム全体で最高出力は136ps、最高速度は200km/hと発表されている。車体には正電荷と負電荷の電解液をそれぞれ蓄えた175リッターのタンク2つが搭載されるそうだが、その補給場所については言及されていない。

全長3,910mmというトヨタのハイブリッドカー「アクア」と比べると約80mmほど短いボディに、22インチの大径ホイールが組み合わされ、車内には2+2のシートが備わるという。



同時に発表されるQUANT Fの方は、合計最高出力1,090psを発生する4基のモーターに2速トランスミッションを組み合わせ、最高速度300km/hを超えるという4シーターのクーペ型EV。こちらも航続可能距離は800kmに伸びたという。

より詳しい情報は、公式サイトをご覧いただきたい。


By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ナノフローセルのEV購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!