MINI 「MINI DAY」

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、同社のプレミアム・コンパクトカー・ブランドであるMINIの誕生日である3月2日(ミニの日)にあわせ、2月24日より特別パッケージ・オプション「MINI 13th Anniversary Package(サーティーンス・アニバーサリー・パッケージ)」を導入する他、ネスレ日本株式会社(代表取締役 社長 兼 CEO、高岡 浩三)が販売する「ネスカフェ ドルチェ グスト」とのコラボレーションによる「MINI Café produced by NESCAFÉ Dolce Gusto」を展開すると発表。

MINI 「MINI DAY」

今回、全国のMINI正規ディーラーにて130台分限定で販売されるMINI 13th Anniversary Packageは、昨年春に約7年ぶりにフルモデル・チェンジしたMINI Cooper 3 Door(ミニ・クーパー・スリー・ドア)用の特別パッケージ・オプションである。MINIが備える英国生まれならではのスタイリッシュさと、Cooperの洗練された魅力を強調する為、プレミアム感ある装備群が厳選され、MINIの13回目の誕生日を記念するパッケージとなっている。アロイ・ホイール、LEDヘッド・ライト、レザー・シート、ナビゲーション・システム、クローム・ミラー・キャップ等、通常オプション価格の総額で約100万円相当の装備が、特別パッケージとして70万円とお得な価格設定としている。

対象モデルは、MINI Cooper 3DOOR AT
パッケージ込車両本体価格は、税込350万円。
パッケージの装着は、ボディ・カラーがペッパー・ホワイト(ブラック・ルーフ)またはアイスド・チョコレート・メタリック(ホワイト・ルーフ)にのみ可能。アイスド・チョコレート・メタリック(ホワイト・ルーフ)の場合、メタリック・ペイント代として5万9000円別途料金がかかる。
全国の一部MINI正規ディーラーにて、2015年2月28日(土)~3月1日(日)まで本特別パッケージ・オプション装備車の展示を実施。  

MINI 「MINI DAY」

MINIと「ネスカフェ ドルチェ グスト」のコラボレーションとして、ネスレは、本体側面にMINIを象徴する2本のストライプラインをあしらった「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 MINI」を限定生産。13回目を迎えるMINI DAYを記念して、2月28日より「MINI Café produced by NESCAFÉ Dolce Gusto」を展開。このカフェシステムを全国のMINIショールームに展示し来場客による試飲サービスを実施。
BMW Group Studioで実施されるMINI DAY記念イベントでも、カフェコーナーの設置と試飲サービスを行う。
「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 MINI」は、ネスレ通販オンラインショップを通じて一般にも限定販売され、ドライブ中にもコーヒーを楽しめる「トラベルマグ(MINIロゴ入り)」と様々な味わいのコーヒーが楽しめる「バラエティカプセル」を付属。「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 MINI」の税込価格は、1万2800円。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」は、2007年11月の発売以来、本格的なコーヒーを誰でも楽しめるカプセル式カフェシステムとして世界で2000万台以上が販売。ポップでカラフルなデザインが施され、豊富なカフェメニューをいつでも焙煎し立ての香りとともに味わうことができる「ウチナカカフェ」という新しいライフスタイルの開拓に挑戦。こうした既存の枠を超え新しい楽しさを追求する姿勢に、MINIとの共通性を見出したことからコラボレーションの実施を決定。

ビー・エム・ダブリュー株式会社 MINI Japan公式HP
http://www.mini.jp/