フォルクスワーゲンは、次期型の「トゥーラン」(日本名:ゴルフ・トゥーラン)をジュネーブ・モーターショー 2015にワールドプレミアとして出展する。

先日ご紹介したシャラン」とは異なり、フルモデルチェンジらしい大きなデザインの変更が行われている。また、次期型トゥーラン顔では!? とご紹介したキャディ」とも今回から別のデザインになったようだ。
Related Gallery:2016 VW Touran


ボディサイズは、全長が4.53mとなり、現行よりも13cm長く、ホイールベースも11.3cm長くなって、より快適な室内空間に仕上げられている。

エンジンは、3つのディーゼルエンジン(TDI)と3つのガソリンエンジン(TSI)が用意され、現行同様7速DSGも搭載される。

インテリアも大きく進化し、現行のゴルフに近いデザインをベースにワイド感があるデザインに一新している。

電動のパーキングブレーキや、スタートストップシステムなど、現行にはない機能なども搭載され、フルモデルチェンジらしいアップグレードの内容となっているようだ。

画像からは、標準モデルの他、何らかのスポーツモデルがラインナップされていることが分かる。その詳細は、来月のジュネーブ・モーターショーで明らかになる。

Volkswagen präsentiert den neuen Touran // Volkswagen presents the new Touran Vorstellung des neuen Volkswagen Touran

VW公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html