HONDA

本田技研工業株式会社は、2月23日(月)の取締役会にて常務執行員の八郷 隆弘(はちごう たかひろ)を本年4月に専務執行役員とすることを決定。
更に、本年6月に代表取締役社長 社長執行役員とし、代表取締役社長 社長執行役員の伊東 孝伸(いとう たかのぶ)を取締役相談役とする人事を内定したことを同日に発表。内定人事は、本年6月開催予定の定時株主総会終了後の取締役会にて正式に決定予定。
八郷 隆弘は、4月1日付で常務執行役員から専務執行役員に昇格予定。

HONDA HONDA

現社長の伊東 孝伸は「この6年間、自動車産業を取り巻く環境は大きく変化をしましたが、ホンダが目指す方向はこれからも変わることなく、お客様に喜んで頂く商品を提供すること、そして新しい技術に積極的に挑戦することです。2015年、飛躍する準備が整い、今ここで新しく若いリーダーのもとチャレンジすることを決めました。2015年は今まで培った様々な経験を生かしグローバルオペレーションを引っ張ってほしい。」と述べた。

HONDA

現常務の八郷 隆弘は「新しい価値を提供し、お客様に魅力的な商品を提供できる様に着実に進めていく。グローバールに対応できる環境体制を強化していく。」と、グローバルを強化し、さらに発展出来る環境づくりをしていくと決意を述べた。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/