6年程前にスペインのSpania GTA(こちらが社名)から登場したスーパーカー「GTA Spano 」(こちらが車名)。その新バージョンが、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショー 2015で発表される。

ジュネーブでのお披露目に先駈けて公開されたティーザー画像を見ると、新しくなったボディ・パネルが、少なくともリア部分には確認できる。メーカーによればシャシーやボディーワークには、カーボンファイバー、ケブラー、チタンに加え、地元企業のGraphenano社との提携によりグラフェンという素材が使われているそうだ。

注目すべきパワートレインは、ダッジ「ヴァイパー」用のV10エンジンにツインターボを搭載。排気量は以前の8.3リッター(後にヴァイパーに合わせて8.4リッターに拡大)から7.9リッターに縮小されたにも拘わらず、発表当初から次第に増していった最高出力は925hpにまで引き上げられ、最大トルクも124.2kgmに高まった。0-100kmを2.9秒で加速し、最高速度は370km/hに達するという。

様々な向上が図られているが、生産台数はこれまでと変わらず、99台限定になるそうだ。ジュネーブで全貌が明らかになれば、またその時にご紹介できるだろう。お楽しみに。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】GTAスパーノの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!