ジュネーブでお披露目されるインフィニティ「QX30 コンセプト」のリアデザインが明らかに!
数日前にインフィニティが見せた「QX30 コンセプト」の後ろ姿が闇に浮かび上がるティーザー画像に続き、今度は3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショーで発表が予定されているこのコンパクト・クロスオーバーの斜め後方から見た鮮明な画像が公開された。

QX30 コンセプトは2013年のフランクフルト・モーターショーに出展された「Q30 コンセプト」をベースに、そのスタイリングの要素を受け継ぎながら、最新のインフィニティらしいデザインに作り直された、ラグジュアリーでコンパクトなクロスオーバーのコンセプト。車高はQ30より30mm引き上げられ、ボディのキャラクターラインはより強調されているようだ。21インチ・アルミホイールの複雑なデザインが目を引く。車体後部ではエキゾーストが埋め込まれたスキッドプレートとリアハッチを隔てるダークパープルの部分がアクセントとなっている。後部座席用ドアのノブがすっきりしたラインに隠されたクーペのようなスタイリングは両車とも共通で、画像では確認することができないが、ルーフトップはガラス仕様になっているそうだ。

バンパーにアルミニウムのトリムが施されているというフロントの様子はまだ公開されていないが、インフィニティはこれが将来のプレミアム・コンパクト・クロスオーバーの可能性を示唆するスタイリングであることを認めている。もっともそれは今さら驚くことではない。同社はこれまで何度もQX30の市販化について言及しているのだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】インフィニティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!