Related Gallery:2016 Chevrolet Equinox: Chicago 2015

近年クロスオーバー市場が活況を呈しているため、各自動車メーカーは手を替え品を替え、消費者の関心をつなぎ留めようと躍起になっている。そこで遅れを取るまいと、シボレーは今月12日から開催中のシカゴ・オートショーでフェイスリフトを施した「エクイノックス」を公開した。

外観は、クロームアクセントを配したダブルグリルとプロジェクターヘッドライトを採用し、文字通り、顔を手直し(フェイスリフト)。テールライトのデザインも変更されている。上位モデルにはLEDデイタイム・ランニングライトも装備された。インテリアも見た目に多少の変更を施した上、7インチ・タッチスクリーンのインフォテインメント・システムを標準で搭載。リアビューカメラも一部のグレードに装備された。上級モデルでは、後退時に接近してくる車両を検知するリアクロストラフィックアラートや、ミラーの死角となる箇所に他の車両が潜んでいる危険性を知らせてくれるサイドブラインドゾーンアラートなどの警告機能が装備可能となり、安全対策も強化されている。

なお、パワートレインに変更はなく、2.4リッター4気筒エンジンか3.6リッターV型6気筒エンジンから選択可能。米国市場では2016年モデルとして、今秋に発売が予定されている。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シボレー・エクイノックスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!