ベッテルがフィオラノ・サーキットで「FXX K」をテストドライブ!
Related Gallery:Sebastian Vettel in Ferrari FXX K at Fiorano

セバスチャン・ベッテルが、現在のF1界で最も成功しているドライバーであるということに異論はないだろう。世界選手権4連覇に加えて、グランプリ優勝が39回、ポールポジションは45回も獲得している。これは現役・引退を含めたドライバーの中で歴代3位の好成績だ。そして今季はフェラーリに移籍し、F1で最も成功したチームのドライバーとなった。これは"ティフォシ"(フェラーリの熱狂的ファン)だけでなく、ベッテル自身にも朗報だろう。と言うのも、サーキットで最高のマシンを運転できるだけでなく、レース以外でも最高のクルマを運転する特権が与えられるからだ。今回はベッテルがフェラーリ社の専用テストコースであるフィオラノ・サーキットで「FXX K」を走らせている最新映像をご紹介しよう。

FXX Kはフェラーリ初のハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」を進化させたサーキット走行専用車で、フィオラノ・サーキットで記録した1分14秒というラップタイムは、ベッテルが2015年の世界選手権でドライブする「SF15-T」のようなレースカーを除けば、史上最速の跳ね馬であることを意味する。

つまりベッテルは、レッドブル在籍時に製作されたインフィニティ「FXセバスチャン・ベッテル・バージョン」よりも相当ステップアップしたマシンに乗ることになったわけだ。とはいえ、彼がこれまで何年もの間に数多くの勝利を挙げてきたシングルシーターのマシンに比べたら物足りないのでは、と思うかも知れない。だが心配はご無用、映像を見ればベッテルが今回のテスト走行を楽しんでる様子が伝わってくる。少なくとも、いつもより肘を横に広げられるスペースがあって快適だったに違いない。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!