Related Gallery:2014 Mitsubishi Outlander PHEV Concept-S in Paris

2014年に売り上げが大幅にアップした三菱は今年、ラインアップのリニューアルに力を入れているようだ。現在開催中のシカゴ・オートショー 2015の会場で、北米三菱の上級副社長ドン・スウェリンジェン氏は、4月に開催されるNY国際オートショーでリフレッシュを施した2016年型「アウトランダー」を発表する計画を明らかにした。

「すべての2016年モデルが三菱の新たなアイデンティティで生まれ変わる。その皮切りとなるのが、NY国際オートショーで世界初公開する2016年型アウトランダーだ」と語ったスウェリンジェン氏。新型アウトランダーは、すでにヨーロッパでテスト中に撮影されたスパイショットがすでに出回っており、2014年秋のパリ・モーターショーに出展された「アウトランダー PHV Concept-S」(上の写真)に似たデザインになるのではないかと見られている。


Related Gallery:Mitsubishi Concep GC-PHEV

現在、シカゴ・オートショーには2013年の東京モーターショーで発表された「Concept GC-PHEV」が出展されている(上の画像)。スーパーチャージャー付きV6エンジンとプラグインハイブリッドシステムが最高出力335hpを発生し、トランスミッションは8速ATでもちろん4輪駆動。ずんぐりとしたデザインは将来のデザイン言語を示唆しており、これが次期型「モンテロ(日本名:パジェロ)」に受け継がれるのではないかと噂されている

「GC-PHEV」が未来的なのはルックスだけではない。「タクティカルテーブル」と呼ばれる、まるでハイテクなボードゲームのような名前の機能も搭載されている。これは乗員が持ち寄ったスマートフォンからの情報を共有できる仕組みだ。他にもこのコンセプトカーには、AR(拡張現実)技術を用いたARウインドシールドや歩衝突軽減自動ブレーキなども搭載されている。

パジェロのフルモデルチェンジはもう少し先のようだが、まずはアップデートされるアウトランダーを楽しみに待ちながら、現行モデルを動画で振り返ってみよう。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】三菱「アウトランダー」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!