日産(UK)は、2015年2月12日にヨーロッパで初めて、イギリスのPro-Teqが開発した夜光塗料であるSTARPATHを自動車の外装塗料として「リーフ」に採用したこと発表した。
Related Gallery:Nissan Leaf STARPATH


一般的な夜光塗料は、日中に暗いトンネルに入ったり、夜間に明るい部屋の電灯を消したりした時には効果的だが、屋外での使用に関しては、夕暮れとともに夜光能力が減少するので、夜間に光って見えなくなることが多い。

ところが、STARPATHは、日中の紫外線エネルギーを吸収し、屋外でも日没から8~10時間程度光り続けることが出来るのだ。

また、その効果は25年間続くということで、平均的な車齢の約8年の3倍以上の耐久性能があるということでクルマ用としての性能は充分だろう。


STARPATHは、既に色々な分野で活用されてきているが、自動車に採用することで、安全面での効果が期待できたり、暗いゴルフ場の駐車場のようなところでの自分の車を見つけやすくしたりなど、新しい利便性がもたらされるだろう。

ボディ全体ではなくてもヘッドランプ周りやエンブレムなどちょっと光らせるとおしゃれな部分にドレスアップとして展開されることも期待したい。

Nissan's glow-in-the-dark car paint
日産自動車公式HP
http://www.nissan.co.jp/

【PR】リーフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!