【レポート】アップルが数百人規模で電気自動車の開発プロジェクトを進行中!?
近い将来、"Apple Car"が公道を走る日が来るのだろうか? 米ビジネス紙『The Wall Street Journal』のレポートによると、どうやらそんな話が現実味を帯びてきているようだ。同紙が報じた関係筋からの情報によれば、アップルでは数百人の社員が「Titan(タイタン)」と呼ばれている電気自動車(EV)の開発プロジェクトに携わっているという。製作されている車両はミニバンに似ているというが、完成した暁には最高にスタイリッシュなミニバン型EVとなるになるに違いない。

このプロジェクトを率いているのは、アップルのプロダクトデザイン担当バイスプレジデントで、フォードの元エンジニアでもあるスティーブ・ザデスキー氏だという。また、昨年9月にメルセデス・ベンツ リサーチ&デベロップメント・ノース・アメリカの社長兼CEOだったヨハン・ユンクビルト氏がアップルに移ったのも、同プロジェクトのためだったと報じられている。さらには、アップルの幹部がオーストリアで、自動車の生産委託を数多く行っているマグナ・シュタイヤー社と接触したとする情報もある。

アップルのいわゆる「iCar」に関する噂は、もう何年にも渡って囁かれ続けている。しかし今回のレポートにまつわる情報がかなり具体的であることを考えると、シリコンバレーにまた1つ新たな自動車メーカーが生まれるという見方の信憑性が高まったと言えるだろう。実際、最近の報道によれば、人材争奪戦の激しいシリコンバレーでは、アップルがテスラの社員を引き抜こうと多額の契約時ボーナスを提示するなど、熾烈な引き抜き合戦が繰り広げられているという。

アップルが本当にEV市場へ参入するかどうかは分からないが、同社がEV開発に取り組んでいても、決して驚くようなことではない。もう1つ注目すべき点は、ライバルのテクノロジー企業であるGoogleもまた、自動車市場に対して同様の関心を示しているということだ。ロイターの報道は、アップルがGoogleに追随して自動運転車開発に取り組むかもしれないという可能性を示唆している。いずれにしても、今後の展開に大きな注目が集まっていくことは間違いないだろう。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】iCarの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!