Related Gallery:2016 Toyota Camry Special Edition: Chicago 2015

2月12日に開幕したシカゴ・オートショーで、トヨタはフェイスリフトした「アバロン」に加え、「カムリ」と「カローラそれぞれのスペシャル・エディションをお披露目した。

北米仕様のカムリ スペシャル・エディションは1万2,000台の限定生産。この台数は一見かなり多いようにも思えるが、カムリのセダンの年間販売台数に比べたらほんのわずかだ。8月から店頭に並ぶこのスペシャル・エディションは、グロスブラックに切削光輝を入れた18インチ・ホイールや、スモーク加工が施されたテールランプを装備しており、カラーリングは「ブリザード・パール」か「ブルー・ストリーク・メタリック」から選択できる。インテリアもアップグレードされ、電動式ムーンルーフや、ブラックのSofTex(レザー調素材)とブルーのパターン表皮が張られたシート、スマートキー&プッシュボタンスタートを標準装備。ナビゲーションシステムはオプションで付けられる。


Related Gallery:2016 Toyota Corolla Special Edition: Chicago 2015

限定8,000台のカローラ スペシャル・エディションのアップグレードも似たような内容だ。グロスブラックの17インチ・ホイールに、ボディカラーは「アブソリュートリー・レッド」「ブラック・サンド・パール」「スーパー・ホワイト」の3色を用意。ブラックを基調にしたインテリアでは、シートに施されたステッチや、ダッシュボードやドアのトリムが赤で統一されている。スマートキー&プッシュボタンスタートは標準装備されるが、ナビゲーションシステムと電動式ムーンルーフはオプションになっている。

それでは、カムリとカローラのスペシャル・エディションの画像をギャラリーでチェックしてみよう。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新型「カムリ」や「カローラ」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!