Andreas Mikkelsen (NOR), Ola Fløene (NOR)Volkswagen Polo R WRC (2015)Rally Sweden 2015

フォルクスワーゲンは、ラリー競技の最高峰「FIA世界ラリー選手権(WRC)」の2015年シーズン第2戦「ラリー・スウェーデン」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦し、セバスチャン オジェ選手(フランス)が勝利を挙げた。アンドレアス ミケルセン選手(ノルウェー)は接戦を繰り広げた末、3位表彰台を獲得。

Related Gallery:Rally Sweden

Volkswagen WRC 2015

2015年2月12日(木)〜2月15日(日)にかけて開催された「ラリー・スウェーデン」は、スウェーデン南西部のハグフォースを拠点とし、隣国ノルウェーにも足を延ばすラリー。全13戦のうち唯一のスノーラリーとして、スパイク(スタッド)が打ち込まれた専用のタイヤで争われ、競技区間(スペシャルステージ、SS)は21、SS距離308km、総走行距離1441.57kmで行われた。

Andreas Mikkelsen (NOR), Ola Fløene (NOR)Volkswagen Polo R WRC (2015)Rally Sweden 2015 Andreas Mikkelsen (NOR), Ola Fløene (NOR)Volkswagen Polo R WRC (2015)Rally Sweden 2015

12日(木)の夕方、カールスタッド市内でセレモニアルスタートを行った選手たちはSS1を走行。2台同時スタートの特設コースで行われ、ヤリ‐マティ ラトバラ選手が3番手に入賞。ミケルセン選手は、5番手、オジェ選手は7番手タイムでそれぞれ初日を終えた。13日(金)からは本格的な林道SSがスタート。フォルクスワーゲン勢はトップタイムを連発していたが、午後のSS9で首位のオジェ選手と2番手のラトバラ選手が相次いで大きくタイムロス。特にラトバラ選手は深い雪でスタックを喫し、8分36秒5遅れのSS41番手タイムでフィニッシュ。総合23番手となり、上位入賞は難しくなってしまった。

Sébastien Ogier (F), Julien Ingrassia (F)Volkswagen Polo R WRC (2015)Rally Sweden 2015

オジェ選手は総合4番手まで順位を落とし、このアクシデントでラリーリーダーとなったのは、3番手にいたミケルセン選手。ミケルセン選手は、その後2日間にわたってライバルやオジェ選手と僅差の激闘を繰り広げ、最終SSを前に総合首位に立ち、3秒差で背後に迫るのは、前年チャンピオンでありチームメイトでもあるオジェ選手。最終SSを走り始めたミケルセン選手だが、途中でスピンを喫してしまい、このSSでトップタイムを出したオジェ選手から遅れること42.8秒でゴール。この瞬間、オジェ選手の逆転勝利が決定。オジェ選手はこれで自身26度目の勝利。
一方のミケルセン選手は3位表彰台を獲得。最終SSのパワーステージでトップタイムを出したオジェ選手にはボーナス3点が加算される。
この結果、フォルクスワーゲン・モータースポーツマニュファクチャラーズ選手権ランキングで首位を守りリードを広げた。
次戦は、3月5日(木)〜8日(日)の第3戦「ラリー・メキシコ」。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン株式会社 フォルクスワーゲン公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html