MAZDA SKYACTIVE-DRIVE
マツダ株式会社は、第12回新機械振興賞にて、一般財団法人機械振興協会「機械振興協会会長賞」を受賞。
「機械振興協会会長賞」は、機械工業に関わる優秀な研究開発及びその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる企業・大学・研究機関、研究開発担当者に対して贈られる。
今回の「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ・ドライブ)」の受賞により、SKYACTIV技術の新機械振興賞受賞は、高効率ガソリンエンジンSKYACTIV-G」、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D」に続き3回目。
表彰式は2月18日(水)機械振興会館ホール(東京都港区)にて行われる予定。
 今回の受賞では、新型ATロックアップ領域を約49%から82%に拡大することで燃費改善に寄与していること、コンパクト化により車両軽量化に貢献すると同時に「SKYACTIV-D」と組み合わせ、経済産業省が「次世代自動車戦略2010」で推奨しているクリーンディーゼルエンジン普及にも貢献している点が高く評価された。

第12回新機械振興賞「機械振興協会会長賞」の受賞内容
受賞対象: 高効率とダイレクト感を両立する新型ATの開発
開発担当者: 土井 淳一 (どい じゅんいち) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部*1
鎌田 真也 (かまだ しんや) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
丸末 敏久 (まるすえ としひさ) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
坂 時存 (さか ときもり) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
三谷 明弘 (みたに あきひろ) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/