BMW公認チューナー、アルピナが2016年型「B6 xDriveグランクーペ」を発表!
Related Gallery:2016 BMW Alpina B6 xDrive Gran Coupe

BBCの自動車番組『トップギア』で日産「GT-R」やベントレー「コンチネンタルGT」と共にオーストラリアの荒野を走るBMW「M6 グラン クーペ」を見て、ドイツ車ファンは"BMWが4輪駆動だったらよかったのに"と思ったのではないだろうか。確かに本国ドイツでも、M6 グラン クーペは後輪駆動しかない。だが、"もう一つの高性能BMW"として知られるアルピナには、BMW「6シリーズ グラン クーペ」にツインターボ・エンジンと4輪駆動システムを搭載する「アルピナ B6 ビターボ xDrive グラン クーペ」がある。しかも2016年モデルとして、そのパワーがさらに引き上げられたという。

アルピナ B6 ビターボ xDrive グラン クーペは、BMWのパフォーマンスモデルである「M6」と同様に、4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するが、これまで最高出力はM6の560psに対し540psと遅れを取っていた。しかし、2016年モデルとして発表された最新型では600psにまで引き上げられ、最大トルクも6.9kgm向上して81.6kgmとなり、M6と比較すると最高出力は40hp、最大トルクは12.3kgmも勝っている。しかも、BMWのフルタイム四輪駆動システム「xDrive」が組み合わされ、向上したパワーを4輪で路面に伝えることが出来る。トランスミッションはM6 グラン クーペの7速M DCTに対し、アルピナはZFと協力して専用に改良した8速スイッチトロニックATを採用する。

0-100km/h加速3.6秒、最高速度は324km/hでリミッターが作動と、アルピナがこれまで手がけた中で最も速いクルマに仕上がったそうだ。さらに2016年モデルでは、フルLEDアダプティブヘッドランプの採用やエアロダイナミクスの改良などのアップグレードが施されている。詳細については、プレスリリース(英語)をどうぞ。


by Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アルピナB6 xDriveを考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!