【シカゴオートショー2015】マツダ、新型「ロードスター」のドレスアップ車を公開!
Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Miata Accessories Concept : Chicago 2015

マツダが1989年のシカゴ・オートショーで初代「MX-5 ミアータ(日本名:ロードスター)」を発表してから26年。12日に開幕した今年のシカゴ・オートショーでは、発売を数ヶ月後に控えた4代目新型MX-5に、ロードスター・ファンの心をくすぐる数々のアクセサリーやオプションを装着した参考出品車「MX-5 ミアータ アクセサリーズ デザイン コンセプト」をお披露目した。

ボディは新色の「セラミックメタリック」(Zoom-Zoom語で"ホワイト"という意味)で塗られ、グロスブラック塗装を施したエアロキット(フロントエアダム、サイドスカートエクステンション、リアバンパースカート、リアリップスポイラー)を装着。BBS製17インチホイールの奥には、ブレンボ製の赤いブレーキキャリパーが見える。さらにマツダは、ショーケースの中にカーボンファイバー製ラゲッジラックを展示。MX-5のトランクリッドに装着するためのこのラゲッジラックは、重量わずか1㎏未満という軽さで、ハイマウントストップランプが内蔵されている。

「シカゴ・オートショーで展示しているパーツやアクセサリーは、新型MX-5にどのようなカスタマイズが可能かをお客様にご覧いただき、自分だけの特別な1台を作り上げてより楽しんでいただくために製作されたもの」と、マツダ・ノースアメリカンオペレーションズ社長兼CEOのジェームズ・オサリバン氏は語った。

日本でも6月頃に発売が予定されている新型マツダ ロードスターを、手に入れたらどんなパーツを付けようかと夢が膨らむコンセプト・モデルの画像を、是非ギャラリーでチェックしていただきたい。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マツダ ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!