ブガッティ、限定生産450台の「ヴェイロン」の最後の1台をジュネーブに出展
Related Gallery:Bugatti Grand Sport Vitesse "Jean Bugatti": Frankfurt 2013 Photos

ベントレーブガッティのCEOを兼任しているヴォルフガング・デュルハイマー氏は、独『Auto Motor und Sport』誌のインタビューにおいて、限定生産の450台目となるブガッティ「ヴェイロン」を3月3日にスイスで開幕するジュネーブ・モーターショーに出展すると語った。これは、クーペモデル300台、オープントップの「グランスポーツ」150台というヴェイロンの10年にわたる生産の終了を意味する特別な数字である。

6週間ほど前の昨年12月末には、ヴェイロンは完売まで残り8台となっていたが、どうやらついに完売を迎えることになるようだ。同氏は言及しなかったが、この450台目のヴェイロンは、最高出力1200psを発揮する16気筒エンジン搭載の超高速タルガトップ・モデル「ヴェイロン・グランスポーツ ヴィテッセ」ではないかと見られている。

デュルハイマー氏は、ヴェイロンの後継モデルが2016年に発表されるのかと尋ねられると、「芸術作品を作り上げるのには時間がかかる」と述べ、時期については明言しなかったものの、後継モデルは「さらに優れたものになる」と発言している。噂では後継モデルはヴェイロンよりも軽量で、最高出力1500psを発揮するハイブリッドのパワートレインを搭載し、最高速度は286mph(約460km/h)に達すると言われているが、それに耐えられるタイヤは今のところ、地球上に存在しないかもしれない。"さらに優れた"クルマを作るのは簡単なことではなさそうだ。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヴェイロンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!