HONDA「CRF250L」「CRF250M」
本田技研工業株式会社は、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載したオン・オフロードモデルCRF250L」と、スーパーモタードスタイルの「CRF250M」のカラーリングを変更し2月13日(金)に発売。

Related Gallery:HONDA「CRF250L」「CRF250M」

HONDA「CRF250L」「CRF250M」 HONDA「CRF250L」「CRF250M」

「CRF250L」は、ビギナーからベテランまで幅広い層が扱いやすい様、トータルバランスと操縦安定性を徹底的に追求したオン・オフロードモデルとして、2012年5月に発売を開始。今回の車体色は、オフロードイメージを高めたエクストリームレッドと、ストリートで映えるブラックの2種類。エクストリームレッドは、2015年型モデルのモトクロスマシンCRF450R」「CRF250R」を彷彿とさせるストライプをシュラウドに採用。ブラックは、フロントフォークのアウターチューブと前・後のホイールリムにもブラックを施している。

HONDA「CRF250L」「CRF250M」 HONDA「CRF250L」「CRF250M」

「CRF250M」は、CRF250Lをベースに、前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着。フロントブレーキに大径のフローティングタイプディスクローターを採用し、リアサスペンションのセッティングを変更。オンロードでの操縦安定性を追求したモデルとして、2013年4月に発売を開始。
今回の「CRF250M」のスタイルとなったスーパーモタードは、ヨーロッパを中心に人気のある競技で、オフロードモデルに小径ホイールとオンロードタイヤを装着し、舗装路とダートが混在するコースでスピードを競うレース。車体色は、エクストリームレッドとブラックの2種類を設定。シュラウドとサイドカバーにストライプを採用。それぞれに、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、前・後のホイールリムをブラックとすることで、躍動感ある外観となった。

価格は、462,240円〜。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/