BMWは、同社初のFF7人乗りのミニバンである「2シリーズ グラン ツアラー」が、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショー 2015でワールドプレミアとなることを発表した。

このモデルは、1月に試乗記でご紹介した「2シリーズ アクティブ ツアラー」のロングバージョンとなる。
Related Gallery:2015 BMW 2 Series Gran Tourer


BMWの伝統としてFRモデルが親しまれてきた中、2シリーズ アクティブ ツアラーでFF車が初投入がされ、話題となったが、今回の2シリーズ グラン ツアラーで7人乗りが投入されることで、BMWの新たなジャンルへの挑戦が感じられる。

2シリーズ アクティブ ツアラー同様にFFのモデルに加え、4WDもラインナップされるようなので、BMWなら後輪も駆動しないと、というユーザーはこちらを選択すると良いだろう。

ちなみに、基本的に2シリーズ アクティブ ツアラーのデザインを踏襲しているが、リアのハッチのデザイン等も多少違うデザインに変更されているようだ。


最大の特徴は、この3列目のシートだ。大人が乗るには少し窮屈かも知れないが、こどもが乗って充分なスペースが確保されているようだ。

日本では、5人乗りと7人乗りでストレッチするモデルはめずらしいが、大きさ等は違うかもしれないが、ちょうどシトロエンの「C4ピカソ」と「グランドC4ピカソ」の関係のような位置づけなのだろう。


ボディがストレッチされた分、荷室スペースも拡大され、7人乗りという使い方ではなくても、レジャーでの満載の荷物を運ぶためのトランスポーターとしても便利そうだ。

エンジンは、3気筒の1.5Lターボエンジンの「218i」と「216d」等が用意されるとのことだが、詳細はジュネーブモーターショーでの公開後にご紹介したい。


BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/

【PR】2シリーズの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!