2015 VolksWagen Touareg

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂)は、国内で販売するフォルクスワーゲンのフラッグシップモデルであるプレミアムSUVの「Touareg(トゥアレグ)」を4年ぶりに刷新し、2月10日(火)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売することを発表した。
今回導入する新型「Touareg」は、自然吸気の3.6リッターV6エンジンを搭載する「Touareg V6」に、より高い安全性を提供するドライバー支援システム、パワーレザーシートに代表されるインテリアをまとった「Touareg V6 Upgrade Package」の2モデルを用意。

Related Gallery:2015 VolksWagen Touareg

2015 VolksWagen Touareg 2015 VolksWagen Touareg

「Touareg」は、フォルクスワーゲンAGが世界的に展開していた「フルラインアップ戦略」を具現するモデルのひとつとして2003年に登場。日本でもこうした流れを受けて、これまでのフォルクスワーゲンに対するイメージを新たにする「ブランド変革」の象徴として位置付け、2003年9 月から販売を始めた。「3 Cars in One」の「本格的なラフロード性能」「優れたオンロード性能」「高級車としての高品質さ」という 3 つの要素を1台に凝縮したプレミアムSUVという開発コンセプト。当時、輸入車を中心に販売が好調だったSUV市場で、これまでに累計で12,000台以上を販売している。日本国内でのフォルクスワーゲンのフラッグシップ モデルとして認知を得た「Touareg」は、2005年になると、フォルクスワーゲンとしては初めてとなる大排気量6リッターW型12気筒エンジンを搭載した「Touareg W12 Sport」を発表(日本限定台数:100 台)。2007年5月には、最初のフルモデルチェンジを行い、環境にも配慮した直噴ガソリンエンジン(FSI)エンジンを全車に搭載。
さらに2011年2月には、フォルクスワーゲン初のハイブリッドシステムを搭載した「Touareg Hybrid」を導入するなど、継続的にフォルクスワーゲンのフラッグシップモデル展開を行ってきた。
Volkswagen Touareg 2015 Volkswagen Touareg 2015
エクステリアは、新型「Touareg」も水平基調を強調した昨今のフォルクスワーゲン デザインにならい、フロント、リヤ、サイド部分にクロームパーツをあしらい、ラジエターグリルは、センターのVWマークを中心に4本のクロームモールが水平方向に伸びている。その両端には、シャープなデザインになったLEDポジションライト付きのバイキセノンヘッドライトを装着。フロントバンパーの左右にある大きなエアインテークに挟まれた中央部分のエアインテークにも、ラジエターグリルと同じ横幅で3本のクロームモールが付いている。その下には、より太いクロームモールがバンパー幅いっぱいにまで広がり、前後のバンパーと左右4枚のドア下部に、クルマの周囲を取り囲むように取り付けられている為、比較的車高の高いSUVでありながら新型「Touareg」を視覚的に低く見せている。都会的なシーンも似合う大型SUVらしく、フロント下部のアンダーガードにもクロームモールが奢られ、左右のフォグランプと18インチアルミホイールも新しいデザインに変更。
ボディカラーは、リーフブルーメタリック、ムーンライトブルーパールエフェクト、サンドゴールドメタリック、ブラックオークブラウンメタリック、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(オプション)の5色の新色を含む全8色。

Volkswagen Touareg 2015 Volkswagen Touareg 2015

ボディカラーに合わせ、インテリアもチタンブラック(ファブリック&レザー)、コーンシルクベージュ(レザー)、ナチュナルブラウン(レザー)の3色を用意(レザーシートは「Touareg V6 Upgrade Package」のみの設定)。電動式レザーシートは、運転席と助手席ともにシートヒーターを備え8方向(前後、高さ、角度、リクライニング)の調整をスイッチ一つで簡単に行える。さらに、すべての新型「Touareg」にはステアリングヒーターを装着。

Volkswagen Touareg 2015 Volkswagen Touareg 2015

視界が高くゆったりとした室内は「Touareg」全車に共通し、インストルメントパネルは「Touareg V6」の場合はシルバーメタリックのデコラティブパネルを装着しているが「Touareg V6 Upgrade Package」では、ウォールナット製のウッドデコラティブパネルを装着。メーター類およびオートエアコンなどの操作ボタンは白色の内照式を採用。大きな2つのアナログメーターの間には、微細なドットで鮮明にカラー表示するマルチファンクションディスプレイを採用。センターコンソールには「Touareg」専用に開発されたフォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「RNS850」を標準装備。ディスプレイも8インチと大きく視認性にも優れ、ナビゲーション機能の他、メディアセンター(CD録音機能)、3メディアVICSやボイスコントロールを搭載した60GBハードディスクナビを採用し、ETC車載器フルセグ地上デジタルTV チューナー、iPod、HDD音楽再生(MP3、WMA)などの機能を搭載。

2015 VolksWagen Touareg 2015 VolksWagen Touareg

新型「Touareg」の安全性能は、30km/h未満での走行中に自動的にブレーキを作動させ、前方障害物への衝突を軽減するシティエマージェンシーブレーキを含むプリクラッシュブレーキシスム"Front Assist Plus"と、追突された場合、時速10km/h以下になるまで自動的にブレーキをかけ、追突による二次被害を軽減するマルチコリジョンブレーキ、全車速で先行車との車間、車速を自動的に調整しながら追従走行することができるアダプティブクルーズコントロール"ACC"を全車に標準装備している。
「Touareg V6 Upgrade Package」には、この様な基本装備に加え、65km/h以上での走行時に、フロントガラス上部にあるカメラがドライバーの意図しない車線逸脱を検知すると、ステアリングを振動させるなどしてドライバーに注意を促すレーンディパーチャーワーニングシステム"Lane Assist"と、30km/h以下での走行時にリヤバンパーのセンサー(左右)が接近車両を検知すると、ドアミラーの専用インジケーターを「点灯」。また車線変更時に危険を感知すると「点滅」させてドライバーに注意を促すレーンチェンジアシストシステム"Side Assist"を標準装備。

Volkswagen Touareg 2015 Volkswagen Touareg 2015

快適性能では、駐車時に障害物までの距離を音声で知らせるパークディスタンスコントロール(前後)と障害物までの距離を可視化して知らせるオプティカルパーキングシステム、車両の周囲の状況を360度の画像で映し出すアラウンドビューカメラ"Area View"や、車両後方の状況を映し出すリヤビューカメラ"Rear Assist"(ステアリングガイド付き)などを搭載。

価格は「Touareg V6」が、 6,370,000円(税込)。「Touareg V6 Upgrade Package」が、6,860,000円(税込)。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社 VolksWagen公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html