ケーニグセグ、1,300馬力を超える新たな
Related Gallery:Koenigsegg Regera

優れたスーパーカーを次々と生み出しているスウェーデンのケーニグセグ。決して大きな会社ではないが、3月にスイスで開催されるジュネーブ・モーターショー 2015では大きな計画を用意しているようだ。先ほどご紹介した「アゲーラRS」の登場を予告するティザー画像に続き、記者会見の招待状にはさらにパワフルな新型モデルの登場を予感させる文字が踊っている。

同社の公式Facebookページにもある通り、そこには"Regera Koenigsegg Megacar Unveil"の文字とモーターショーの日程が記されているだけ。クルマに関する詳細は不明だが、ケーニグセグによれば左側に大きくロゴのようにデザインされた"Regera"という言葉はスウェーデン語で「君臨する・支配する」という意味があるそうだ。

ケーニグセグは昨年のジュネーブ・モーターショーで発表した「アゲーラOne:1」を、その最高出力1,341hp=1メガワットから、「世界初のメガカー」と称した。この"Regera"の予告にも同じ言葉があることから、おそらくアゲーラOne:1と同じエンジンを積むモデルになるのではないかと推測される。フェラーリ「ラ フェラーリ」マクラーレン「P1」ポルシェ「918スパイダー」なども含むスーバーカーの世界に"君臨する"存在となるのだろうか。興味を引かれた方は、3月3日のジュネーブ・モーターショー開幕をお楽しみに。


by Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ケーニグセグの新モデルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!