ケーニグセグがジュネーブ・モーターショーで発表する新モデル「アゲーラRS」を予告!
スウェーデンに本拠を置くスーパーカー・メーカーのケーニグセグは、2010年に「CCX」の後継となる「アゲーラ」を発表して以来、さらにパワフルなバージョンを次々と世に送り出している。そして来月、また新たなアゲーラが誕生することをケーニグセグは明らかにした。

ケーニグセグのFacebookに投稿された予告画像によれば、ジュネーブ・モーターショー 2015で公開する新モデルは「アゲーラRS」という名前になるという。それ以上の情報はまだ明かされていないものの、スピードもパワーもアップしていることは想像に難くない。最速記録でギネス世界記録に認定されたアゲーラR」をも超えるハイパーカーになるだろう。

アゲーラ・シリーズに搭載されている5.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、初期のベースモデルですら960hpを発揮する。フレックス燃料対応の「アゲーラS」では1030hp、アゲーラRでは1115hpだ(その後1140hpにパワーアップした)。さらに、"世界初のメガカー"である「アゲーラ One:1」に至っては、その呼び名のとおり1メガワット=1,341hpという最高出力を誇っている。

果たして新しいアゲーラRSはラインアップの中でどこに位置するモデルになるのか(名前から推測すれば、アゲーラRとOne:1の間になるのではないかと思われるが)。詳細が明らかになるには来月まで待たなければならない。クリスチャン・フォン・ケーニグセグと彼のカンパニーがアゲーラにどのようなアップグレードを施すか、今から非常に楽しみだ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アゲーラRSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!