BMWが新モデル「M6 GT3」レースカーのプロトタイプをプレビュー
Related Gallery:BMW M6GT3

BMWは現在、ル・マン24時間レース世界ラリー選手権(WRC)でトップ争いをすることもなく、F1からも既に撤退し、フォーミュラレースの入門シリーズであるフォーミュラBMWシリーズもその歴史に幕が引かれてしまった。だが、完全にモータースポーツから手を引いたわけではない。「MNI」は近年のダカール・ラリーで圧倒的な強さ誇り、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)には「M4」で参戦、BMW Sports Trophyはプライベーター向けに「M235iレーシング」を用意し、世界中で開催されるGT3カテゴリのレースでは「Z4」が活躍している。そして今、「M6」をベースとした新型GT3レーシングカーを準備中であることがBMWから発表された。

現在も開発が続けられているその新型「M6 GT3」のプロトタイプが、独ディンゴルフィンにあるBMWの工場で公開された。ベースは市販モデルの「M6クーペ」で、エンジンも同様に4.4リッターV8ツインターボをフロントに搭載するが、ドライサンプ式潤滑システムの採用などレース用の改良が施され、最高出力は500馬力以上...と、FIAの規定により制限されるため、ロードカーのM6クーペより低い数値となっているが、車両重量は1,300kg以下に軽量化されているという(ちなみに日本仕様のM6クーペは560psで1,910kg)。トランスアクスル・レイアウト、つまり後輪車軸側に搭載する6速シーケンシャル・ギアボックスを介して後輪を駆動する。新しいM6 GT3は、世界各国でこれを購入してレースに参戦するどのプライベーターチームにも、素晴らしいパフォーマンスを提供できるだろう。

現在、M6にはクーペとカブリオレ、そして「M6グランクーペ」がラインアップされており、M6クーペはMotoGPの公式セーフティーカーとしても使用されている。これらに加えて、2016年シーズンはM6 GT3がサーキットでデビューする予定だ。

なお、BMW専門の情報サイト『BMW Blog』によると、BMWは欧州市場向けに5万9,500ユーロ(約800万円)で販売しているエントリー・レベルのレース用車両「M235iレーシング」を、北米市場向けに展開することも検討しているという。新型となるM6 GT3の詳細についてはプレスリリース(英語)をご覧いただこう。


By: Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMW M6GT3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!