【レポート】「フォードGT」が発表前にリークされなかった理由とは?
Related Gallery:Ford GT Concept: Detroit 2015

自動車業界では新車のプロジェクトを極秘のうちに進めていくことは滅多にできない。メーカーが開発中のクルマを隠し通そうとしても、たいていはスパイショットや不鮮明な画像が流出してしまうからだ。ところが、北米国際自動車ショー2015で脚光を浴び、米Autoblog編集者が選ぶベスト5に選ばれただけでなく、最も優れたデザインを選び表彰する「アイズ・オン・デザイン・アワード」も受賞したフォードGT」は、発表前にリークされることがなかった。実は、北米国際自動車ショーで発表される数週間前にはこのクルマに関する噂が広まっていたものの、フォードの記者会見が行われたジョー・ルイス・アリーナで初披露されるまで、詳細は誰も知らなかった。驚くべきことに、フォードはその開発期間中の14カ月間ものあいだ、新型GTを隠し続けることができたのだ。

米自動車メディア『オートモーティブ・ニュース』によれば、このフォードGTプロジェクトは2013年後半に6人のデザイナーを含む特命チームによって始動され、彼らがこの新型スーパーカーを誕生から発表まで担当したという。フォードは開発中の車両を地下倉庫に隠して内密にプロジェクトを進め、地下室のカギはチームメンバーのみが持っていたとのこと。開発の大部分は誰にも見られないよう夜間に行われたが、自然光の下でも確認するために、時には週末にプロトタイプを屋外に運び出したりしていたそうだ。

開発は急いで、しかも極秘に行われたため、デザイナーは世界各地にいる他のスタイリング・チームから意見を求めることが出来ず、だが、これは見方によれば両刃の剣だったともいえる。オートモーティブ・ニュースに対し、フォードのデザイン部門部長であるモーレイ・カラム氏は「外部の人たちの反応をまったく見ることが出来なかった。初披露するまで本当に不安だった」と語っている。

公開された今でさえも、フォードGTは謎に包まれている。どれだけのパワーを秘めているのかについても正式な発表はなく、ただ「600馬力以上」と言われているだけだ。また、フォードはル・マンの初優勝から50周年にあたる2016年に、このクルマを24時間レースに参戦させるのではないかという噂が、数カ月前から囁かれているが、最近公開された動画の中で、そのレース仕様と思われるデザイン画(デトロイトで公開されたフォードGTとは各部が異なり、大型リアウイングとLMP1マシンのような"フィン"がコクピット背後に備わっている)が目撃されていることから、さすがに今度は秘密を隠し通すことが出来ない、かも知れない。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォードGTの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!