Related Gallery:2016 Toyota Camry Special Edition

トヨタは、2月12日に開幕するシカゴ・オートショーで、「カムリ」と「カローラ」のカラフルなスペシャル・エディションとともに、フェイスリフトした「アバロン」を発表するという。

現在のところ、トヨタは新型アバロンの詳細を明らかにしておらず、公開されているのは、暗闇に浮かぶ同車のフロントを収めたティーザー画像のみ(下の画像は、明るさを補正して分かりやすくしたもの)。画像から見て取れることは、フロント・グリル上部に付くクロームの加飾やバンパーの形状などが変更され、下部の開口部が広くなっている。


Related Gallery:2016 Toyota Avalon Teaser

北米仕様カムリは2014年4月のニューヨーク国際オートショーでマイナーチェンジされ、よりシャープでアグレッシブなスタイリングになった。今回発表された特別限定モデルは、北米で設定されているスポーティなSEトリムをベースに、内装にも外装にもさらにアグレッシブさが増している。エクステリアでは、グロスブラックに切削光輝を入れた18インチ・ホイールや、スモーク加工が施されたテールランプを装備し、ボディカラーは「ブリザード・パール」または「ブルー・ストリーク・メタリック」から選択可能。インテリアはさらに変更が施されており、シートはブラックのSofTex(レザー調素材)とブルーのパターン表皮が張られ、各部にブルーのスティッチが入る。メーターのイルミネーションもブルーでコーディネートされる。さらに、マルチメディアシステム「Entune(エンチューン)」の「Audio Plus」オーディオや、スマートキー&プッシュボタンスタート、ムーンルーフが標準装備となる。ナビゲーションシステムはオプションで用意される。最高出力178hp、最大トルク23.5kgmを発する2.5リッター4気筒エンジンに6速ATの組み合わせたドライブトレインは、北米仕様のベースモデルから変更なし。この北米市場向けカムリ スペシャル・エディションは、1万2,000台限定で8月に発売予定となっている。


Related Gallery:2016 Toyota Corolla Special Edition

ブルーをテーマカラーにしたカムリとは対照的に、カローラのスペシャル・エディションはクリムゾンレッドをテーマカラーにしている。北米仕様のS Plusトリムをベースにしたこのモデルには、グロスブラックの17インチホイールが装備され、ボディカラーは「アブソリュートリー・レッド」「ブラック・サンド・パール」「スーパー・ホワイト」の3色を設定。インテリアは、こちらもブラックを基調に、シートやダッシュボード、ドアなど各部に赤いスティッチでアクセントを加えている。スマートキー&プッシュボタンスタートは標準装備されるが、グレードアップしたオーディオシステムやムーンルーフ、ナビゲーションシステムはオプションとなっている。こちらも8月から、8,000台限定で発売予定だ。

それでは、公開まであと1週間を切った2台のスペシャル・エディションと、「アバロン」のティーザー画像をギャラリーでチェックしてみよう。詳細については、トヨタのプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!