Related Gallery:Porsche Cayman GT4

長年にわたりポルシェ・ファンの間では、「911」と「ケイマン」のどちらが優れたスポーツカーか、という議論がなされてきた。その際、ケイマン側の陣営が常套句として口にするのは、ポルシェがミドシップ・レイアウトを採用するケイマンの能力を最大限に高めないのは、偉大な"長男"である911の影が薄くなることを恐れているためだ、という言葉である。そんな議論をさらに活発化させるであろう1台が新たに発表された。新型「ケイマンGT4」は、「911カレラS」から少々、そして「911GT3」から多くのものを受け継いだミドシップ・スポーツカーである。

ケイマンGT4に見られる、拡大された3つの開口部を持つフロント周りやリアの固定式ウイングによる前後エアロダイナミクスは、911 GT3から色濃く影響を受けているもので、大型のブレーキ・システムと標準モデルよりも車高が30mm低いシャシーには、911 GT3のコンポーネントがほとんどそのまま流用されているという。また、最高出力385psを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンは、911カレラSと基本的に共通だ(が、ややデチューンされている)。どうやらポルシェは、911 GT3のトランスミッションにデュアルクラッチ式「PDK」しか設定しなかったことを後悔しているらしく、このケイマンGT4では「ダイナミックギアボックスマウントをもつ6速マニュアルトランスミッションがそのパワーを余すことなく路面に伝えます」とプレスリリースに記載されている。

ケイマンGT4の0-100km/h加速は4.4秒、最高速度295km/hと発表されており、3.4リッターの340psエンジンを積む「ケイマンGTS」よりも0.5秒と10km/hほど上回る。さらに興味深い情報として、ポルシェはケイマンGT4がニュルブルクリンク北コースで、7分40秒というラップタイムを達成した発表している。これは「997」型911 GT3の後期モデルと同タイムだ。なお、ポルシェは現行「991」型911の正確な記録を公表せず「7分30秒以下」とだけ言っているが、インターネット上では開発中の新型「911 GT3 RS」が7分20秒を記録したという噂もある。偉大な兄がさらに先へ行くことは仕方ないとはいえ、資質に優れた弟の努力もたいしたもの。ポルシェはそのタイムを「セグメント最速」と言って憚らない。



インテリアでは、レザーとアルカンターラを組み合わせたスポーツシートや、新しい小径のGT4スポーツステアリングホイールを装備。豊富なオプションには、ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)をはじめ、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製フルバケットシート、「ユニークなトラックプレシジョンアプリ」が備わるというカスタムスポーツクロノパッケージ、そしてクラブスポーツパッケージなどが用意される。

実車は3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショーで公開され、米国では7月に発売となる予定だ。価格は8万4,600ドル(約993万円)+輸送費995ドル(約12万円)から。なお、ポルシェジャパンの発表によると、日本でも2月11日から予約受注が開始となり、価格は消費税込み1,064万円からとなっている。

それでは、自信に満ちた様子でニュルブルクリンクを疾走するケイマンGT4のプロモーション・ビデオをご覧いただこう。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ケイマンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!