SUBARU Geneva Motor Show

富士重工業株式会社は、スイスで開催予定の第85回ジュネーブ国際モーターショー(3月3日~4日プレスデー、3月5日~15日一般公開)に、運転支援システム「アイサイト」を搭載した新型「アウトバック」、欧州初公開となる「レヴォーグ」、ボクサーディーゼルエンジンにリニアトロニックを組み合わせた「フォレスター」を出展することを発表。スバルグローバルサイトにて、3月3日(日本時間)より専用サイトを開設し、プレスカンファレンスの情報等を配信する予定。



新型アウトバックは誕生以来、乗用車の快適性、SUVの走破性、ステーションワゴンの積載性を併せ持つ、スバルクロスオーバーモデルの最上級車種。運転支援システム「アイサイト」の搭載を含め、欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1997年より実施している安全性能評価「ユーロNCAP」にて、2014年安全性能総合評価でも最高評価を獲得している。

SUBARU Geneva Motor Show

レヴォーグは、クルマの本質を追求し、スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと技術を注ぎ込んだ新型スポーツツアラー。昨年の日本市場導入に続く、2015年中の欧州市場での導入に先駆けて、ジュネーブ国際モーターショーにて欧州仕様車を初公開。

subaru

フォレスターは、スバルボクサーディーゼル(水平対向ディーゼルエンジン)にリニアトロニック(CVT)を組み合わせフォレスターに搭載。リニアトロニック車ならではの快適性に加え、アダプティブ制御によりマニュアルシフト感覚の走りを実現し、スバルボクサーディーゼルエンジンが持つスポーティさを高めた。

富士重工業株式会社 SUBARU公式HP
http://www.subaru.jp/