Related Gallery:Radical RXC Spyder at Ascari

究極のスポーツカーを製造することにかけては、エンスージアストたちから絶大な信頼を得ている英国のスポーツカーブランド、ラディカル。1997年に創業して以来、公道走行可能なLMP(ル・マン・プロトタイプ)スタイルのオープンコックピット・スポーツカーを販売して来たが、ル・マンに出場するLMPマシンがクローズドコックピットに移行しつつあるのを受け、昨年はクローズド・ルーフの「RXC」を発売した。しかしラディカルは、このクーペ・モデルを改めてオープンコクピット化した新型フラッグシップ「RXC スパイダー」を発表。シェイクダウン中の走行シーンを収めたビデオを公開した。

1月に英国で開催されたオートスポーツ・インターナショナルで初公開されたRXC スパイダーは、メーカーによれば「ル・マンを走るレースカーに最も近い体験を、はるかに安いコストで提供する」クルマだそうだ。パワートレインはクーペのRXCと共通で、最高出力440hp/9,100rpmと最大トルク38.7kgm/7,500rpmを発揮する3.0リッターV型8気筒をミドシップに搭載し、パドルシフト付き7速シーケンシャル・トランスミッションを介して後輪を駆動する。ルーフやウィンドウを無くしたことから車両重量はクーペより75kgも軽く、僅か860kg。オンボード映像をご覧いただければ分かるように、そのパフォーマンスは強烈で、ラディカルはこのRXC スパイダーについて、ニュルブルクリンク北コースで6分48秒というラップタイムを記録したSR8 LM」よりも速いことを約束している。ちなみに価格は税別10万9,950ポンド(約1,960万円)から。

南スペインのアスカリ・レースリゾートでテスト中の走りを、ぜひ映像でお楽しみいただきたい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ラディカルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!