【ビデオ】大雪のニュースを伝えるレポーターのすぐ後ろで、豪快にドリフトする日産「240SX」
1月26日に米国北東部を襲った記録的な大雪。ニューヨークのTV局がこのニュースをレポートしている時に起きた珍事を映像でご紹介しよう。

記録的な積雪となった月曜の夜、『NBC4ニューヨーク』のレポーター、ステイシー・ベルは雪が降りしきる交差点で現場レポートを行っていた。雪道での運転の危険さについて彼女が神妙な面持ちで伝えている最中、カメラは信号待ちのクルマの列を捉えていた。

信号が青に変わると、日産の後輪駆動車「240SX」がドリフトしながらベルに接近して来るのだが、彼女は全く気付いていない様子。この様子を見ていた人は、雪でコントロールを失ったクルマがベルにぶつかりそうになり、もう少しで事故になるところだったと肝を冷やしたが、米自動車メディア『Road & Track』は、ドライバーがご機嫌な様子で身を乗り出す様子が映っていることから、単に目立ちたかっただけではないかと伝えている。

それでは、問題のビデオを実際にご覧いただこう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!