生身の人間がジャンプしてクルマを飛び越えるパフォーマンスをご覧になったことはあるだろうか? 失敗すれば重さ1.5トンの(それも高価な)鉄の固まりに激突するという非常に危険なものだ。これまでも、プロバスケットボール選手コービー・ブライアントがアストンマーティンを飛び越える(実はCGを使っている)CMや、プロスケートボーターのトニー・ホーク選手が「レクサスLFA」や走っているMINIを飛び越える映像などが話題となった。

Autoblogでは去年の夏に、時速81マイル(約130km/h)で走行中のランボルギーニ「ガヤルド」を飛び越えるスウェーデン人のアルをご紹介した。彼は、通称"ジャンプのアル"(Al The Jumper)と呼ばれ、走行中の自動車を跳び越えるという技を何度も成功させてきた怖いもの知らずだ。そんな彼が、今度は2台のオートバイを一遍に飛び越えるというスタントに挑戦。万が一失敗すれば、ケガをするのは自分だけでは済まないという、さらなる危険を伴うことになる。

それでは早速、アルの挑戦映像を見てみよう。他にも、前転で「NSX」を飛び越えるものや、横ひねりで回転しながらランボルギーニを飛び越える『トップギア・ライブ』による映像など、危険なスタントに挑戦しているビデオを掲載したのでそちらも是非ご覧いただきたい。ついでにアルが2011年に失敗した時のビデオを含めた、失敗集2本もご用意しておいた。そんな人は流石にいないとは思うが、くれぐれも真似はしないように。












By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】オートバイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!