【ビデオ】日産のゴーンCEO、
ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOであるカルロス・ゴーン氏は、自動車業界で最も動じない経営者として知られている。現在、米国ではガソリン価格の下落にともない電気自動車やハイブリッドカーの販売が伸び悩んでいるが、それにも動じる気配を見せていない。1月21~24日にスイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会に出席した同氏は、取材に対し、今後も電気自動車の需要はなくならないだろうと語っている。

原油価格の下落が自動車業界に与える影響について尋ねられると、ゴーン氏は「電気自動車市場の勢いは衰えないだろう」とコメント。その理由を、「コスト重視でクルマ選びをする人は購入を思いとどまるかもしれないが、それ以外の判断基準を優先する人たちも大勢いる。それに、原油価格は予測不能だ。現在の原油価格を昨年のうちに予見できた人はいないだろうし、来年以降の価格がどうなるかは誰にもわからない」と説明した。

さらにゴーン氏は「確実なのは、今後あらゆるマーケットで、排出ガスに関する規制がますます厳しくなっていくということだ」と続け、「だからこそ、我々は原油やその価格に振り回されることなく、さらに厳しくなりつつある排ガス規制に対応できるような電気自動車の製造・販売を展開していく」と述べた。また、「電気自動車の分野に参入するメーカーは今後も増えるだろうし、原油価格の下落が続いたとしても、電気自動車の開発や販売がとどまることはないだろう」と、自動車業界の今後の展望も語っている。

ゴーン氏は、このほかにもBRICsでの市場拡大や自動車業界での女性の雇用状況などについても言及しているので、早速ビデオでチェックしてみよう。原油価格と電気自動車についてのトピックは、1分35秒あたりから始まる。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!